夏の甲子園、兵庫県が独自大会を「無観客」で開催。7/18~8/7

ライター:ユカコ

新型コロナウイルスの影響で、夏の甲子園が中止になったことを受けて、兵庫県で地区予選に代わる独自の大会『夏季兵庫県高等学校野球大会』が開催されます。

会場として甲子園球場は使われず、7月18日~8月7日の開催期間中に「ほっともっとフィールド神戸」など、全14球場で試合が実施されるそう。

移動時の感染リスクに配慮し、ベスト16までは5つの地区に分けたトーナメント方式で戦い、その後は再度抽選となります。

試合は無観客で行われ、控え部員や3年生部員の保護者のみ観戦できるようです。


兵庫県をはじめ、全国で高校野球の独自大会の開催が発表されています。8月には春の甲子園に出場予定だった32校の、甲子園球場での交流試合も行われるそうです。

◆関連リンク
兵庫県高等学校野球連盟 – 公式サイト

ユカコ
ライター:ユカコ
気付いたら一人で六甲ケーブルに乗っていました。

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。

1 個のコメントコメントを残す
  • 白球、青春!

    『雲は湧き~光溢れて~ 天高く純白の球今日ぞ飛ぶ~!』を今年は聞けずにさみしく感じていました。
    作曲の古関裕而さんがNKHの朝の連ドラでせっかく認知されたいい機会なので、ぜひ甲子園で聞きたいですね。

    2020年6月15日11:11 AM 返信する