神戸市が「新型コロナウイルス対策」の新しいテクノロジーを募集中

ライター:カズマ

神戸市が、全国のスタートアップから「新型コロナウイルス対策になり得るテクノロジーや提案」を募集しているようです。

審査で選ばれたスタートアップには開発支援金(上限50万円/件)が提供され、実証実験などで成功したモデルは、神戸市での実装も検討されます。

応募対象者
テクノロジーで新型コロナウイルスの対策を目指すすべてのスタートアップ

募集テーマ
データ解析・感染恐れ確認・困窮事業者支援・市民生活支援等のための技術
(例)IoT・AI・情報発信・支援プラットフォームなど

募集期間
2020年4月20日(月)~随時募集
※応募状況に応じて締め切り

スケジュール(予定)
1次審査 :応募後「2営業日」を目途に結果連絡
2次審査 :応募後「2週間」を目途に2次審査及び「実証実験開始時期」を連絡
実証実験期間 :採択企業との調整の上決定

応募方法・詳細
こちら

神戸市は平成30年度から、「Urban Innovation KOBE」といって「柔軟な発想や優れた技術力を持つスタートアップ」と「社会・地域課題を知る市職員」が協働して解決手法を見出し、サービスとして構築・実証まで支援する取組みを行っていて、今回の新型コロナウイルス対策もそのプロジェクトの一環です。

「新型コロナウイルス」への対処として広く新しいアプローチを募集するという意味では、開発支援金(上限50万円/件)が少ない気もしますが、新しい技術が「新型コロナウイルスへの対処」に繋がるとすれば、楽しみな取り組みではないでしょうか。

◆関連リンク
神戸市 – 公式サイト

カズマ
ライター:カズマ
神戸ジャーナル 編集長
コメントを残す

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。