北区にあるめっちゃ近い小学校「有野台小」「有野東小」が統合し『ありの台小学校』になるみたい

ライター:ビッグブリッジ

2019年4月に開校する北区有野台地区統合小学校(有野台小学校と有野東小学校の統合校)が「神戸市立ありの台小学校」に決まったそうです。

あとは、事務的な手続きとして条例の改正を経て正式決定となります。

統合の経緯ですが、2つの小学校で小規模化が進行し、有野台小学校は1年生を除く全ての学年が単学級、有野東小学校では全ての学年が単学級という状況で、今後も児童数の減少が見込まれ、両校の地域から統合の要望がでてました。

今後については、一旦「有野台小」に集約、その間に「有野東小」を整備して、最終的に2020年度に「有野東小」に集約されるという流れです。

スケジュール
2018年度 有野台小学校改修・有野東小学校校舎整備設計 ←イマココ
2019年度 仮校舎(有野台小学校)で統合、有野東小学校整備を開始
2020年度 新校舎(有野東小学校)へ引越

校名については、両校の児童・保護者・地域など関係者に校名募集を募集して最終的に決定されました。

歴史を振り返りますと、「有野台小学校」は「有野小学校 有野台分校」として昭和45年9月に開校、昭和46年4月に「有野台小学校」になりました。昭和49年4月に「有野台小学校」から分離する形で「有野東小学校」ができて、8月に新校舎に移りました。

全体の流れについてはそれはそうとして、最終的に「有野台小学校」の土地が余ってくるのですが、何かできるんでしょうか?

ビッグブリッジ
ライター:ビッグブリッジ
神戸ジャーナル 編集長