PCRの積極的検査が、重症化リスクの高い施設に重点化する模様。高齢者施設など

神戸市が、第6波における感染者数の急増に対応し、積極的PCR検査を「高齢者、障害児・者の施設」に限定すると発表しました。

これまで、学校園、福祉施設において、陽性患者が発生した場合、濃厚接触者の有無に関わらずクラスまたはフロアの全員に対して、積極的にPCR検査を実施してきました。

今回、濃厚接触者の検査を優先させるため、積極的検査の対象を、重症化リスクの高い施設に重点化することになったそうです。

 

 

当面以下の運用になるとのことです。

・高齢者、障害児・者の施設 → 継続して実施
・上記以外の福祉施設(保育所など) → 当面の間、停止
・学校園 → 当面の間、停止

神戸の市立小中学校では、学級・学年閉鎖、臨時休校が全体の3割になっているそうで、それに伴い親の仕事にも影響がありそうです。

 
コメントを残す

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。