持ち帰り弁当チェーン店「かまどや」の社長が、人工歯が抜けて歯医者さんを訴えたが負けたそうな。

ライター:カズマ

かまどや
中央区に本社を構える大手持ち帰り弁当チェーン「本家かまどや」の金原弘周社長が、インプラント治療による人工歯が抜けて業務に支障がでたとして、歯医者さんを訴えていたそうです。


具体的には、金原社長は人工歯が抜けたことにより新メニューの試食ができなかったそうで、歯医者さんに慰謝料など約1360万円を求めていたそうですが、請求を棄却されたとのことです。


インプラント治療による人工歯は、「数十年か一生もつ」と言われていたそうで、手術の翌年に抜けて、再手術をしたがその後また抜けたそうです。

 
裁判までやっちゃったってのがスゴイなぁと思いますが、「数十年か一生もつ」と言われてたから、カチンときたんでしょうか。



◆関連リンク
本家かまどや – 公式ホームページ


場所はココ↓↓


カズマ
ライター:カズマ
神戸ジャーナル 編集長
コメントを残す

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。