9月19日【今日は何の日】1927年 北野エリアに国立移民収容所が着工される &【神戸ジャーナルPRESS】

ライター:カズマ

過去の神戸の「今日」はどんな日だったのでしょうか?

移民



1927年9月19日(昭和2年)
北野エリアに国立移民収容所が着工される。 



北野エリアに国立移民収容所が着工されたのが、1927年(昭和2年)の今日です。

ここはブラジルに移民として向かう人の準備をする場所で、日本における海外移住の基地として南米を中心に多くの移住者を海外に送り出したそうです。

当時は、「夢の国ブラジル」みたいな感じでブラジルなどに移民として渡航したそうですが、実際は荒れ地を与えられたとかって話しは良く聞きますんで、今となっては、かわいそうにに思えてきます。。。

ちなみに今は同じ場所に「海外移住と文化の交流センター」があります。
 

◆関連リンク
海外移住と文化の交流センター
コラム「国立神戸移民収容所(神戸移住センター)」 – ブラジル移民の100年


その他の今日の出来事


631年 − 舒明天皇が有間温泉へ行く(「日本書紀」)

1931年 − 新聞は希望社主後藤静香のスキャンダルを報ず

1945年 − GHQ、日本新聞に関する覚書(プレス・コード)を日本政府に交付

1955年 − 市職員厚生病院開所

1958年 − 大蔵省告示により神戸港兵庫突堤の一部が指定保税地域に指定



「今日は何の日」一覧





誰でも無料でPR情報を掲載できる告知スペース↓↓


神戸ジャーナルPRESS






ここで告知したいことがある方は、
神戸ジャーナルPRESS」に情報を投稿してください!
投稿承認後、しばらくすると表示されます。


カズマ
ライター:カズマ
神戸ジャーナル 編集長
コメントを残す

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。