『繕い裁つ人』主演の中谷美紀さんが舞台挨拶で神戸に来たので行ってきた!1月31日(土)ロードショー

ライター:カズマ

P1140011
1月31日(土)に公開される映画『繕い裁つ人(つくろいたつひと)』の舞台挨拶&試写会がありましたので、行ってきました!場所は、神戸国際会館にある映画館「神戸国際松竹」です。


場所はココ↓↓





P1140010
今回の舞台挨拶はサプライズで行われまして、お客さんにはシークレットにされてました。ですので、ジャジャーンみたいなものはありません。いつも通り入ります。


繕い裁つ人
1月31日(土)ロードショー
主演:中谷美紀


P1140011
主人公は、中谷美紀さん演じる仕立て屋さんの3代目です。ポスターはミシンの前に中谷美紀さんが座っている様子です。原作は、漫画家の池辺葵さんの同名漫画で、オーダーメードの服作りにこだわる頑固な仕立て屋さんのお話しです。


P1140014
会場に入ると、本気の人達がめっちゃ準備してました。中央に見えていますが、本気のテレビカメラも入っています!


P1140015
神戸ジャーナルが座らしてもらったのは、一番前の列。後ろを振り返るとこんな感じ。


P1140019
ここに来られるわけです。


P1140026
舞台の上に置かれたマイクを発見しました。もしかして、これは。。主演の中谷美紀さんがお持ちになるマイクでは。。。んぬぅ~、そう思うと、このマイクすら神々しい!もっと近くで見たい。


P1140038
MCの方がマイクを取って、話し始めます。そらそーか。「みんな!今日は試写会って案内してましたけど、実はね。実はね。」的なお話しです。


P1140044
P1140045
登場。主演の「中谷美紀」さんと監督「三島有紀子」さんです!思わず、ミキ○ィー!と叫びそうになります。


P1140050
めっちゃキレイです。


P1140058
中谷さん。。。ふんわりされていてとっても美しい!!


P1140065
P1140068
三島監督は、神戸女学院大学出身で神戸にとてもゆかりのある方で、2012年に公開された「しあわせのパン」の監督でもあります。「繕い裁つ人」の映画化が決まった際は、主演は、中谷さんしかいないとすぐに決定したそうです。


ちなみに、気になる監督のお名前。「三島有紀子(みしまゆきこ)」は本名であり、「三島由紀夫(みしまゆきお)」に由来するそうです。撮影現場では、その男らしさから「三島ユキオ」さんと思われていたりしたそうです。


P1140089
撮影は、神戸を中心にオール兵庫県ロケ。「異国の文化が街になじみ美しいものがたくさんある。それを作り出しているのは人であり、つまり職人さん」と三島監督。モノ作りを大切にしている神戸で撮影したかったそうです。


コダワリは衣装にもありまして、中谷さんの美しさをどのように封じ込めるかということがテーマだったそうです。


P1140096
「見た方が前向きになれるような映画であれば良いですね」と中谷さん。撮影期間中、神戸でたくさん美味しいものを食べたんだそうです。


P1140109
神戸国際松竹さんから「お花のプレゼント」。ちなみに、この日の少し前が中谷さんの誕生日だったようです。


P1140115
P1140117
目合った??


繕い裁つ人
やっぱり。完全に目が合っています!!


P1140122
P1140123
『すてきな神戸の街を大切に撮ったので、是非、楽しんでご覧ください』とのことです。


「あ!これはあそこだ!」なんて思ったりしながら最後まで楽しめる映画なので必見です!


繕い裁つ人2
top_logo (1)
STORY
神戸の街を見渡す坂を上ると、その店はあった。

「南洋裁店」という小さな看板が掛けられた、古びた洋風の一軒家。
 
昔ながらの職人スタイルを貫く手作り一点ものの店は、日々来客で大賑わい。
 
神戸のデパートに勤める藤井は、市江にブランド化の話を持ち掛けるが、まるで“頑固じじい”のような彼女は、全く興味を示さない。

祖母で一代目が作った服の仕立て直しとサイズ直し、あとは先代のデザインを流用した新作を少しだけ、市江はそれで満足だった。

「一生、着続けられる服を──」
 
南洋裁店の服は、世界で一着だけの一生もの──それが市江の繕い裁つ服が愛される、潔くも清い秘密だった。
 
だが、自分がデザインしたドレスを作りたいはずだという藤井の言葉に、生まれて初めて市江の心は揺れ動く──。


「繕い裁つ人」予告編


◆関連リンク
映画「繕い裁つ人」 – 公式サイト
神戸国際松竹
カズマ
ライター:カズマ
神戸ジャーナル 編集長