ご当地検定「神戸学検定」が受験者減少で終了するそうな。最終回の申込み受付中

ライター:カズマ

神戸学検定
2007年に始まったご当地検定の『神戸学検定』が、次回の第10回で終了するそうです。受験者が減少に転じていまして昨年は1000人を割り込んでいたそうです。


昨年の合格者・率を参考に見てみますと、初級が353名(合格率54.9%)、中級が76名(同29.0%)、上級が2名(同2.8%)の計431名となっていまして、よくある簡単な資格試験より難しいんです。


神戸のことについて問題を解いてきますので、歴史系もあるし普通に勉強?しとかないとなかなか答えられないものもあったりすると思います。


地元企業とかで採用の優遇とかがあれば学生の受験者が増えたりするかと思いますが、ご当地検定で優遇するとかもあまり聞いたことはありませんし。神戸を愛してます!って指標にはなると思いますが。合格者の一部は神戸のツアーガイド的なこともしているそうです。


ということで、みなさん。最後くらいは受けましょう!公式サイトからネットで申込みできます。と書きつつ自分は悩み中。自信ない。。。


申込締切

8月12日(金)

合格発表
11月4日(金)


◆関連リンク
平成28年度 神戸学検定要項 – 神戸商工会議所
 

カズマ
ライター:カズマ
神戸ジャーナル 編集長
コメントを残す

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。