「ブルーベリー」を時間無制限で『無制限』に食らう!神戸市西区にブルーベリー摘み取り園が7月7日にオープンするみたい!ミニトマトも食べ放題になる!

ライター:カズマ

img_106606_1
神戸市内最大級の西区にあるブルーベリー園「神戸ブルーベリーフィールド」で、7月7日(木)~8月下旬まで2016年の摘み取り園をオープンするそうです!


場所はココ↓↓



神戸市西区神出町小束野50-2


2016年の神戸ブルーベリーフィールドは、定休日なし、予約不要、時間無制限、食べ放題、出入り自由で楽しめます!


実の大きさ・味の濃さ
ブルーベリーをバイケミ農法という特別な農法で栽培しているため、10円玉程度の大粒で、水臭さがなく味が濃いのが特長です。

バイケミ農法…故 橋本 清文氏が研究した自然の生態系に学んだ安全な農法。ブルーベリーの剪定枝と笹を植繊機という特殊な機械で処理し、パウダー化して地表面に散布。その前後で必要な肥料を地表面に散布します。約20年前に神戸で生まれた農法で、今では福島県を中心とした東北地方と、鳥取県を中心とした山陰地方に普及しています。


img_106606_4

自由にブルーベリーが楽しめる
園内は出入り自由ですので、摘み取ったブルーベリーを日陰のベンチでゆっくりと食べたり、近くのコンビニに買い物へ行ったりすることができます。
アイスクリーム(市販品150円)とかき氷(露店300円)の販売も行っており、摘み取ったブルーベリーをお好きなだけトッピングしていただけます。


img_106606_5

ミニトマトや枝豆、雑貨なども
ミニトマトの収穫可能期間(お盆くらいまで)は、ブルーベリー園の入園料でミニトマトも食べ放題です。お盆以降は、枝豆の手もぎ体験、試食(いずれも無料)を楽しんでいただけます。土日は軽トラの英国風移動販売車(BF号)で、手づくり雑貨やカントリー雑貨の販売も行います。
その他、ヤギ(名前:メロ♂)とのふれあいや、広場でカエル、バッタ、トンボなどの採集をゆっくり楽しむことができます。
 

神戸ブルーベリーフィールド

開催期間
2016年7月7日(木)~8月下旬 ※休みなし
 
営業時間
10:00~16:00(予約不要)

入園料(税込)
大人(中学生以上)1,000円/小人(3歳の誕生日~小学6年生)700円

時間
無制限
 
持ち帰り料金(税込)
ブルーベリー園内食べ放題/持ち帰り100gあたり300円/お土産用ジャム1瓶(150g)590円

アクセス
神戸市西区神出町小束野50-2
 → 山陽道 三木小野ICから約5.5km/第二神明道路 玉津ICから約10.5km
電車 → JR明石駅から神姫バス(三木・社方面行 30分に1本あり)乗車、小束野バス停下車、徒歩7分/神戸電鉄緑が丘駅下車、タクシー乗車10分
駐車場25台


止まらない系のやつなので、好きな方はぜひどうぞ!


◆関連リンク
神戸ブルーベリーフィールド – 公式サイト
 
カズマ
ライター:カズマ
神戸ジャーナル 編集長
コメントを残す

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。