神戸北野に行ったら立ち寄りたいオシャレカフェ  Feel KOBE

ライター:ゲストオーサー

神戸の北野エリアは坂の上の高台にあり、南には海が見渡せる立地の良さから、来日する外国人の居住地として好まれ、明治時代から昭和初期にかけては約200棟もの洋館が建てられたのだそう。いまも多くの洋館が立ち並ぶ北野異人館街は、神戸を代表する観光地となっています。

そんな北野エリアには、異国情緒のある洋館が立ち並ぶ街の雰囲気にぴったりな、オシャレなカフェもたくさん! 今回は北野に行ったら立ち寄りたい、オシャレなカフェをご紹介します。

異人館散策に疲れたら、ぜひおいしいスイーツを味わって一休みしませんか?

神戸にしむら珈琲店 北野坂店

まず紹介するのは、レンガ造りの外壁に、緑のツタが茂っているのが印象的な「神戸にしむら珈琲店北野坂店」です。1974年に日本初の会員制喫茶店として開店した同店は、政界や財界、芸能界の名だたる人が通ったという神戸の老舗店。

かつては5,000名ほどの会員がいたそうですが、1995年の阪神・淡路大震災を期に一般の方にも開放することに。地元の人や観光客にも愛される、神戸の名所の一つになりました。

会員制喫茶店時代の状態をほぼそのまま残している店内は、柱時計やオルゴールなどのアンティーク家具が並ぶレトロな空間が魅力。

19世紀にヨーロッパで製作された「ポリフォン全自動オルゴール」

2階のレストランではグラタンやハンバーグ、コース料理などのランチやディナーも楽しめる

定番ケーキの「パラチンケシュニッテン」

そんな神戸にしむら珈琲店北野坂店の人気メニューは、ケーキセットです。8種類から選べるケーキは焼き菓子4種と生菓子が4種あり、季節によってメニューが変わります。

ドリンクはブレンドコーヒー、アメリカン、ブレンドティーから選択。創業以来、お店のトレードマーク的存在である肉厚のコーヒーカップで、ぜひこだわりの一杯を楽しんでください。

写真映えすること間違いなしの「苺のサンドイッチ」(店舗提供写真より)

そのほか春季限定の「苺のサンド」や、夏季限定の「氷の器のアイスコーヒー」など、毎年SNSで話題になる限定メニューも要チェック。季節ごとに訪れたら、そのときどきで違う楽しみ方もあります。

Information

神戸にしむら珈琲店 北野坂店情報

住所 神戸市中央区山本通2丁目1-20
アクセス 各線三宮駅より徒歩9分
駐車場 なし(近隣にコインパーキングあり)
TEL 078-242-2467
営業時間 10:00〜22:00
定休日 1月1日
公式サイト https://kobe-nishimura.jp/nishimura/

CAKE STAND

続いて紹介するのは、にしむら珈琲店から北へ徒歩2分ほどのところにある「ケイクスタンド」。白を基調にしたオシャレな外観の同店では、クッキーやケーキ、シュークリームなど20種類以上のスイーツやパンを販売しています。

路面に面した窓際には焼き菓子がずらりと並ぶ

旬のおいしさを味わえる「季節のフルーツデニッシュ」

また併設のカフェスペースでは、店頭で販売している商品を食べることもできます。ラタンかごや椅子など藤を使用したインテリアが多く、シンプルで落ち着いた空間も素敵!

そんなケイクスタンドで人気のメニューは、「季節の盛り合わせ」です。華やかに彩られたプレートは、食べるのがもったいないかわいさ。

季節のタルト、ベイクドレアチーズケーキ、シュークリーム、ショコラのテリーヌ、フルーツやソルベなど5種類のスイーツが並び、そのときどきの旬に合わせた味が楽しめます。

定番のシュークリームは手土産にも人気

そのほか、月に数日しか販売されないクッキー缶は完売必須の人気商品。購入するなら、事前に公式サイトやSNSで販売日をチェックしておきましょう。

なお、ケイクスタンドから徒歩1分のところには、姉妹店「dining social(ダイニングソシアル)」もあります。モーニングやランチに利用するお店を探しているなら、ぜひこちらも合わせてチェックしてみてください。

Information

CAKE STAND情報

住所 神戸市中央区山本通2-14-28
アクセス 各線三宮駅より徒歩9分
駐車場 なし(近隣にコインパーキングあり)
TEL 078-862-3193
営業時間 12:00〜18:00
定休日 木曜日
公式サイト https://cakestand.jimdofree.com/

旧ムーア邸

最後に紹介するのは、「旧ムーア邸」です。この建物は1898年(明治31年)に建てられ、十数年前までムーア家の方が代々100年間ほど住んでいましたが、現在は屋敷の1階をカフェスペースとしてオープン。

下見板張りの外壁やポーチがあるなど異人館らしいコロニアル様式の建物で、レトロ建築好きにもおすすめのスポットです。

店内で一番人気の座席は、サンルームとして使用されていた入り口左手にあるフロア。窓の一部は、明治から大正時代に作られた「大正硝子」が使用されており、よく見るとガラスがところどころ歪んで見えるのが分かります。

そんな建物の細部も、お店の見どころの一つなので、ぜひじっくり観察してみてください。

明治期のものをそのまま残した青のタイル張り暖炉

天気のいい日は、やさしい木漏れ日が心地いいテラス席もおすすめ。4月から6月にかけて訪れると、ガーデン内に咲くハーブの香りを楽しみながらティータイムを満喫することができます。

そんな旧ムーア邸の名物メニューは、東京の銀座で長年愛されてきた「銀座マキシム・ド・パリ」のレシピを忠実に再現した「苺のミルフィーユ」です。味はもちろん、盛り付けも当時のまま一切変えていないというこだわりぶり。初めて来店したときには、まず食べてみてほしい逸品です。

なお、苺のミルフィーユは事前予約をすればテイクアウトも可能。お土産やプレゼント用に買って帰ってはいかがでしょうか?

Information

旧ムーア邸情報

住所 神戸市中央区北野町2丁目9-3
アクセス 地下鉄「新神戸駅」南出口より徒歩8分、各線 三宮駅より徒歩15分
駐車場 なし
TEL 078-855-9789
営業時間 11:00~17:00
定休日 火曜日
公式サイト https://www.kitanomoore.com/cafe/

北野異人館街は坂道が多いので、歩き疲れたらカフェに立ち寄って一休みするのもおすすめ。今回紹介したお店以外にもオシャレなカフェがたくさんあるので、ぜひ異人館&カフェ巡りを楽しんでくださいね。

【取材・文】中田ゆりな
神戸在住のフリーランスライター。関西の観光、グルメを中心に企画・取材・編集を担当。企業インタビューや舞台撮影も手掛けている。これまで取材した神戸の観光スポットやホテル、店舗は200カ所以上。地元の魅力を発信したいという思いのもと、日頃から神戸の街歩きをしてネタ探しをするのが趣味。

神戸公式観光サイト Feel KOBE
神戸の観光スポットやイベント情報、コラム記事など「神戸旅がもっと楽しくなるコンテンツ」を発信しています。

 
ゲストオーサー
ライター:ゲストオーサー
コメントを残す

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。