神戸市で『インド型変異株』への感染が初確認

神戸市は6月14日、新型コロナウイルスの「インド型変異株」への感染者が、神戸市で初確認されたと発表しました。

感染がわかったのは、昨年来日し、神戸市内に住む外国籍の男性2名。2名は複数人で同居をしていて、濃厚接触者はおらず、海外への渡航歴はないとしています。

患者は「インド型変異株」の「デルタ株」に感染し、症状は軽症で、宿泊療養施設で過ごしているということです。



「デルタ株」は、インドで確認された変異株うち最も拡大しているもので、従来型よりも強い感染力があるようです。

兵庫県内で「インド型変異株」への感染が確認されたのは、これで16名となりました。引き続き、マスク着用・手洗い・うがいなど、感染対策を心掛けましょう。

兵庫県で『インド型変異株』を初確認

2021.05.20
 
コメントを残す

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。