障がいのある人が交流を深める『神戸市障害者ふれあいロードレース大会』11/27 ユニバー記念競技場

ライター:ふうか

ユニバー記念競技場で、走ることを通じて障がいのある人が交流を深める「ロードレース」のイベントが開催されます。

第34回神戸市障害者ふれあいロードレース大会

2021年11月27日(土)9:55~12:00ごろ(予定)
神戸総合運動公園 ユニバー記念競技場/周辺道路


神戸市須磨区緑台

主に障がいを持つ人が走る『神戸市障害者ふれあいロードレース大会』は、1988年から始まったそうです。

34回目の開催となる今回は、「154人」のランナーがユニバー記念競技場周辺を駆け抜けます。

競技種目
3km:知的障害・オープン中学生男子
2km:車いす使用者・身体障害(上肢障害)・オープン中学生女子
1km(競歩):身体障害(下肢障害)
※オープン中学生は、大会補助協力校の市内中学校陸上競技部員

参加者数

身体障害知的障害精神障害オープン中学生
14122315154

※身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉所持者(中学生以上)
※大会運営協力校:市立本多聞中学校/市立福田中学校



日時
2021年11月27日(土)9:55~12:00ごろ(予定)

場所
神戸総合運動公園 ユニバー記念競技場/周辺道路

障がいを持つ人の陸上競技といえば、来年は神戸で『世界パラ陸上』が開催される予定です。

『神戸2021世界パラ陸上競技選手権大会』が2022年まで開催延期。東アジア初のパラ陸上世界選手権

2020.05.02

◆関連リンク
神戸総合運動公園 – 公式サイト

 
ふうか
ライター:ふうか
基本どこへ行くのも徒歩で移動します。
コメントを残す

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。