兵庫県立美術館で「フィンランド」の建築・デザインを手掛けた夫婦の特別展『アイノとアルヴァ 2人のアアルト』を開催してる。8月29日まで

ライター:ゆう

モダニズムの建築家として世界的に活躍した「アルヴァ・アアルト」と妻「アイノ・アアルト」の軌跡&デッサン・図面を展示した特別展が開催されています。

アイノとアルヴァ 2人のアアルト
フィンランド-建築・デザインの神話

2021年8月29日(日)まで
兵庫県立美術館


神戸市中央区脇浜海岸通1-1-1

2人は「日常の暮らしにこそデザインが必要である」という思想から、「フィンランド」の環境特性に基づいて、自然をモチーフにしたデザインで建築設計・家具・グラスウェアなどを数多く残しました。

展示されているのは、デッサン・図面と、公私ともにパートナーであった2人の軌跡を記録する写真など。

互いに影響しあい、補完しあいながら制作してきた「アアルト夫妻」の業績を、2人の出会いから「モダニズム」の潮流を受けて「機能主義」に至り、国際舞台での活躍に続く過程までが紹介されています。

特設ショップでは、設計図がデザインされたノートや、エコバッグなど「オリジナルグッズ」も販売中です。詳しくはこちらから。



期間
2021年8月29日(日)まで

開館時間
10:00~18:00(金・土曜日は20:00まで)
※入場は閉館30分前まで

休館日
月曜日
※ただし8月9日(月)は開館、翌10日(火)は休館

会場
兵庫県立美術館 企画展示室

料金
一般 1,600円/大学生 1,200円/高校生以下 無料/70歳以上 800円

8月14日(土)には45分間の「学芸員による解説会」、毎週月曜日には15分の「ミュージアム・ボランティアによる解説会」があります。詳しい人の話を聞くと、新しい発見などもあって面白いかもしれませんね。

兵庫県立美術館では、「ウルトラマン」55周年を記念した展示会も開催されています↓↓↓

兵庫県立美術館で「ウルトラマン」55周年を記念した『円谷エキシビジョン2021』が開催されてる。初公開の製作過程のアートワーク・描き下ろしなどを展示

2021.07.20

◆関連リンク
兵庫県立美術館 – 公式サイト
AINO & ALVAR AALTO Shared Visions – 公式サイト

 
ゆう
ライター:ゆう
推しプリンを探しています。

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。

1 個のコメントコメントを残す
  • abebe

    先日行ってきました。
    随分と前のデザインなのに、
    古めかしい感じがしなくて、今見ても素敵なデザインの物ばかりでした。
    長きに渡って愛される理由がわかった気がします

    2021年8月4日10:19 PM 返信する