日本一古い洋家具屋「永田良介商店」で『創業150周年記念展』5月中旬まで「アンティーク家具」などを展示しているそう

ライター:ユカコ

旧居留地にある、老舗オーダーメイド家具店「永田良介商店」で『創業150周年記念展』が行われてます。

創業150周年記念展 〜神戸洋家具の歴史を永田家具と共に〜

2022年5月中旬まで
永田良介商店


神戸市中央区三宮町3-1-4

「永田良介商店」があるのは、大丸神戸店のすぐ山側。4月1日に創業150周年を迎えた、現代まで残っている「洋家具屋」として、最も古いお店みたいです。

期間中は、100年以上前の「アンティーク家具」や、さまざまな資料を交えて、歴史を振り返る展示を実施。

展示されている家具は「永田良介商店」が過去に製作して、60年から100年が経過した、とても貴重な「和製アンティーク」家具になっているそうです。

そのほか、明治から大正年間までさかのぼった、古い写真など、普段一般公開していない資料も並んでいます。

今年で創業150周年ということで、港町である神戸の老舗店ならではの歴史を感じられそうですね。

◆関連リンク
永田良介商店 – 公式サイト

 
ユカコ
ライター:ユカコ
気付いたら一人で六甲ケーブルに乗っていました。
コメントを残す

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。