週替わりで楽しめる『KOBE そらゆめマルシェ』が「地下鉄 三宮駅改札前」で開催中。ホテルピエナ直営『ルシオル』の生菓子がここだけで買える

ライター:このみ

三宮駅をはじめ、名谷駅や西神中央駅など「神戸市営地下鉄」の駅ナカ・駅カドで、 KOBE そらゆめマルシェ  が開催されています。


神戸市中央区御幸通8

『KOBE そらゆめマルシェ』 とは… 
神戸のスイーツやパン、そのほか雑貨店が「ポップアップストア」として日替わり・週替わりで出店するというもの。

事業にチャレンジする人を応援するとともに、地域の活性化を目指す神戸市の新たな取り組みです。

KOBE そらゆめマルシェ第一弾が始まってる

 KOBE そらゆめマルシェ  の「専用ブース」が設置されるのは2駅。

常時開催の地下鉄 三宮駅 + 1駅(名谷駅/新長田駅/妙法寺駅/学園都市駅/西神中央駅/ 谷上駅のいずれか)で不定期開催される予定です。

第一弾として 7月26日(月)~8月1日(日)の1週間限定で、地下鉄三宮駅の東口改札に出店しているのは、北野にある「ホテルピエナ神戸」直営のフランス洋菓子店『LUCIOLE(ルシオル)』

『LUCIOLE(ルシオル)』のスイーツは、見た目のかわいらしさなどから、宿泊客だけでなくケーキをめがけてホテルへ足を運ぶ人もいたそうですが、昨年からコロナ禍で臨時休業。現在も再開の目途は立っていません。

『LUCIOLE(ルシオル)』で、製菓長を務める松島シェフ。

フードロスなどの観点から日持ちのしない生菓子は一旦やめて、焼き菓子のみネット販売しているようですが、これまで毎日作っていた生菓子を、年に数回しか作れないのはパティシエとしてもどかしい想いもあるようです。

松島シェフ
こんなチャンスでもないと自分が作ったケーキをお客様に提供できないので、1週間毎日作って提供できる場所があるというのはとても貴重に感じています。

松島シェフは元々チョコレート専門の「ラ・ピエール・ブランシュ」出身ということもあり、チョコレートケーキを目当てに来るお客さんも多いんだとか。

松島シェフ
ケーキって手土産とかちょっと特別な日にも食べられるものなので、開けた時にワクワクできる見た目も大切にしたいですよね。

可愛らしいケーキの見た目から「女性のパティシエさんだと思ってた!」と言われることも多いみたいですが、気さくでチャーミングな男性シェフです。

コロナ禍ならではの「ホテルピエナ神戸」の楽しみ方

「ホテルピエナ神戸」と言えば、トリップアドバイザーの  旅好きが選ぶ!朝食のおいしいホテルランキング  で、2013年から 7年連続で日本1位 に選出されています。

朝食目当てで県内外から宿泊する人が多く、予約を取るのが難しいと言われていた「ホテルピエナ神戸」。現在はコロナ禍で大打撃を受けている観光業ですが、今だからこその楽しみ方もあるそう。

 今だけの楽しみ方 
・宿泊をしていない人でも「朝食メニュー」を楽しめる!
・「3日前までの事前予約」でルシオルの生菓子が持ち帰りできる!

これまで宿泊した人しか味わえなかった朝食を、今だからこそ手軽に楽しめます。さらに『LUCIOLE(ルシオル)』のケーキも、事前予約すれば「あなたのためだけに」作ってくれるんです。

暑い夏は友人とカフェに行く感覚で「朝活」と称して ホテルで優雅にモーニング というのも非日常を味わってみてはいかがでしょうか。

「KOBE そらゆめマルシェ」でどんなものが購入できるの?

「ジェノワーズサンド」は、手で食べられるケーキとして、今回の  KOBE そらゆめマルシェ  のために作られた新作です。

フルーツサンドからインスピレーションを受けて作った、スポンジケーキを使用したフルーツサンド。

焼き菓子の購入も可能です。「ガトーバスク オ マーロン」は、ピスタチオと栗を使ったフランスバスク地方のお菓子です。

今年の新作だそうで、こちらはホテルのロビーやオンラインでも購入ができる商品みたいです。

 KOBE そらゆめマルシェ  は、ルシオルのように今は買えない商品や、普段お店に行かないと買えない商品が手軽に買えます。

◇今後の出店予定◇

期間:2021年8月2日(月)~8月8日(日)

 

【三宮駅】
神戸シェルブール(神戸マロン・神戸スイーツ専門店)

 

【名谷駅】
Fun style(ヴィンテージ雑貨やアクセサリー店)

神戸市営地下鉄 三宮駅の東口改札前は週替わり、その他の駅は最短2日から出店ができるので、続々と登場するお店のチェックに忙しくなりそう。

お仕事帰りやお出かけのついでに、ちらっと覗いてみてはいかがでしょうか。新しいお気に入りに出会えるかもしれません。

「KOBE そらゆめマルシェ」出店事業者募集

出店事業者には「デジタルサイネージ」や冷蔵機能のついた「ショーケース」など備品が無償で貸し出しされます。

キャッシュレス決済が必要な場合は各自で準備が必要ですが、現金払いであればレジも用意してくれるみたい。

帰宅時にサクッと買って帰れる場所に出店できるチャンスはなかなかないので、チャレンジしてみたいというお店のオーナーさんは、ぜひこちらをチェックしてみてください。

 

◆関連リンク
ホテルピエナ神戸 – 公式サイト
ルシオル – 公式サイト
神戸市産業振興財団 – 公式サイト

 
このみ
ライター:このみ
花や夕焼け空を眺める時間が好きです。
コメントを残す

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。