【元町】中華料理店『大陸風 (タァルゥフォン)』で、唐辛子まみれの真っ赤な「ラーズー麺」をすすってみた

ライター:はるな

✔︎『神戸ダイアリー』はじめました。 地元ライターがお散歩中に見つけた「美味しい」「楽しい」などありのままの日々をつづります。『神戸ダイアリー』が、お出かけのきっかけになるかも。

『大陸風』は、JR元町駅の西口から歩いて1分くらいのところにある中華料理屋さんです。

平日でもお昼は外まで並んでいますが、そのお目当ては「ラーズー麺」。麺が見えないほど真っ赤なラーメンということで、気になるその味を試してきました。

Index

・スパイスの香りとインテリアで旅行気分

・東北・四川の本場の味を神戸で

・中国を感じるドリンクメニュー

スパイスの香りとインテリアで旅行気分

1階と2階とで席が選べますが、雰囲気が素敵だったので今回は2階席へ。

インテリアは「昔ながらの中国のデザイン」と「モダン」さを合わせたそうです。

特徴的な「透かし格子窓」は、中国の「茶芸館」を訪れたような雰囲気です。素敵だったので、席に着く前に思わずパシャリ。

東北・四川の本場の味を神戸で

ラーズー麺 980円

楽しみにしていた「ラーズー麺」が到着。噂通り、真っ赤で麺の姿が見当たりません。

写真では伝わりにくいのですが、表面がグツグツとして「マグマ」のようです。「唐辛子」特有の良い香りも!

いざ実食!どろんとした「唐辛子」とオイルの海を少し混ぜてから、細い「卵めん」をお箸で掴むと、赤い「唐辛子」に細めんが絡みつきながら登場。

恐る恐る口に入れてみると、辛さはほんのりピリ辛。むしろ辛さよりも、甘みを感じます。この甘みは、砂糖ではなく「唐辛子」やタレから来る自然な甘さと聞いて驚きました。

辛いのが苦手な人でも食べれる辛さです。(辛さを調節することもできるそうなので、注文の時にお店の方にお願いしてみてください。)

「にんにく」も入っていないので、これなら食べた後に用事がある人でも安心して食べられますね。

「ラーズー麺」に使用される唐辛子をお店の方に見せてもらいました。

「ラーズー麺専用」のブレンドされた「辛くない唐辛子」を使っていて、嗅いでみると馴染みのある「唐辛子」よりも少し華やかな香りがします。

ランチセット 950円(11:00~15:00/L.O14:30)

ランチセットはメインを選ぶことができたので、今日はAセットの「麻婆豆腐」に決定!

「香港ミルクティー」も追加でお願いします。

ほかにも「黒酢酢豚」がメインのセットや、週替わりのメニューなんかもあるみたい。

テーブルに届いた瞬間から、四川料理には欠かせない「花椒」の香りがスッと鼻に抜けて、食欲がそそられる!

たっぷりれんげですくって口に入れると、辛さは控えめで「花椒」のまさに花のような香りが口の中いっぱいに広がります。

「麻婆豆腐」は「花椒」だけでも4~5種類ブレンドしているようですよ。

中国を感じるドリンクメニュー

香港ミルクティー 480円

香港の「ミルクティー」は、日本の「ミルクティー」よりも濃く淹れるので、香りが高く若干の渋みもありますが、これを「練乳」でカバーして、濃厚さに変えています。

「練乳」だけでなく「牛乳」も使われているので、風味は「ロイヤルミルクティー」に近いです。

この「香港ミルクティー」は、ほんのりとした甘さであっさりとしているので、食事にも合います。

フルーツティー 630円

ランチを注文したら「フルーツティー」は630円から440円に割引になるとのことで、帰りに気になっていた「フルーツティー」もテイクアウトすることに。

「フルーツティー」には、りんごの角切り、オレンジ、パイナップル、レモン、竜眼(ロンガン)が入っていて、ベースのお茶は、中国の渋みがない「緑茶」がベースになっています。

ストローを刺して飲んでみると、底の部分はフルーツの甘みがぎゅっと詰まっていて、混ぜずに上の方も飲んでみると、さらりとした「緑茶」の風味を感じました。

中国では「百菜百味」という言葉があるそうです。

意味は「百の料理には百の味がある」なんですが、今日はたくさんの「中国スパイス」について聞いて食べることで、その言葉の意味を感じることができました。

【店舗名】大陸風 (タァルゥフォン)
【ジャンル】中華料理
【住所】神戸市中央区元町通3-12-23 MAP
【電話番号】078-331-1218
【営業時間】11:00~15:00(L.O14:30)17:00~21:00(L.O20:30)
【定休日】月曜日
【リンク】公式サイト / Instagram / Facebook 
【駐車場】なし
※紹介した情報は、記事執筆時点の情報です。また、神戸市内の開店・閉店情報、イベント、街の変化など、情報を求めています。ぜひ情報提供をお願いします。※自分のお店でもOKです。

 
はるな
ライター:はるな
暑さに弱い、九州産。六甲山から海の近くに毎日通っています。

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。

1 個のコメントコメントを残す
  • 京都・鹿ヶ谷仙人

    昔、「四香園」があった場所ですね?経営者も替わったのですか?

    2022年7月29日11:05 PM 返信する