白鶴酒造資料館で、神戸の新ご当地キャラ『ほろ酔い コベピポ』展 11/22-26 漫画家「都あきこ」さんのイラスト

ライター:カズマ

 

地元神戸のエッセイ漫画家・イラストレーター「都あきこ」さんと白鶴酒造がコラボしたイベントが開催されます。

ほろ酔い コベピポ展

2019年11月22(金)~11月26日(火)9:00~16:30
※入館16:00まで、最終日は14:00まで

白鶴酒造資料館

都あき
神戸市東灘区住吉南町4-5-5

コベピポは、「神戸ピープル」の略語&「コウベ(頭)を垂れる謙虚で礼節を重んじる日本人」の意味をあわせて持ったイラストで、現在、「コベピポ」には、年齢も性別も経歴も様々な18人がいます。

今回の白鶴酒造とのコラボは、この18人に加えて酒蔵限定のコベピポが登場し、日本酒造りを楽しく学べるパネルとともに紹介されているそうです。

都あきこさんは、最近では、神戸高速線の高速神戸駅・新開地駅間の地下街「メトロこうべ」の巨大壁画「わくわく散歩道」を描いてまして、その他イラストレーション、キャラクター、ロゴマーク、広告漫画、デジタル絵本を手がけています。

入場料
無料

◆関連リンク
コベピポ – 公式サイト
都あきこ(漫画家) – Facebook

カズマ
ライター:カズマ
神戸ジャーナル 編集長
コメントを残す

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。