【グルメレポ】神戸で韓国料理店『明洞(みょんどん)お母さん』の「オモニ」に会いに高架下へ。テイクアウトもできる ~三宮~

ライター:はるな

✔︎『神戸ダイアリー』はじめました。 地元ライターがお散歩中に見つけた「美味しい」「楽しい」などありのままの日々をつづっています。『神戸ダイアリー』が、お出かけのきっかけになるかも。

JR三ノ宮駅から西へ5分ほど歩くと、三宮阪急西口商店街の高架下に『明洞お母さん』という韓国家庭料理のお店があります。

韓国出身のオモニ(韓国語で「お母さん」という意味)が、手作りで韓国の家庭料理を食べさせてくれるお店です。

以前は現在地より少しだけ東側で「明洞(みょんどん)」という屋号でお店を営まれていたそう。

・高架下に現れる韓国屋台

・手作りの韓国お惣菜

・オモニに会いに

高架下に現れる韓国屋台

高架下を歩いていると現れる韓国屋台風の『明洞お母さん』。オモニの笑顔にほっとしながら席につきます。

8席ほどの小さなカウンターには、手作りの韓国お惣菜が所狭しと並んでいて、どれも色鮮やか。

早速、食べたい料理を注文すると、オモニが楽しくお喋りしながら作ってくれます。

手作りの韓国お惣菜

韓国のり巻き(1本) 680円

巻きたての「韓国のり巻き」は、8種類の具材を使用して、韓国から取り寄せている「韓国海苔」で丁寧に巻かれています。

妹さんも韓国で飲食店を経営されていて、こだわりの食材は韓国から直接送ってもらっているそうです。

通常韓国では「のり巻き」にはお酢は使わないのですが、オモニの「韓国のり巻き」には風味付け程度にほんの少しお酢が。

仕上げには、たっぷりとゴマ油を海苔の周りに塗ります。食べやすい太さで巻かれているので、一口でぱくり。

色々な具材が使用されているので、口の中でさまざまな食感や味わいを楽しめます。

トッポッキ 750円

お鍋にコチュジャン(辛味噌)などと一緒に煮込んでくれます。

「トッポッキ」といえば甘いイメージがありましたが、『明洞お母さん』の「トッポッキ」は甘さ控えめで、辛さはしっかり。

お餅は柔らかくもちもちで、ゴマの香りが効いています。一緒に炊いてくれる「ゆで卵」も嬉しい。

ヤンニョンチキン 550円

「ヤンニョンチキン」は、揚げたチキンに絡める「ヤンニョムダレ」から手作り。

食べてみると、ふわふわ柔らかい!理由を聞いてみると、通常は衣を水でのばすところを、「牛乳」と混ぜるのが秘訣だそう。

甘さも丁度良く、ピリ辛なので、辛いのが苦手な人も食べられます。

韓国水冷麺 980円

暑い日には冷麺も。その場でおもむろに氷の塊をアイスピックで割り始め、氷と麺、トッピングを手際よく器に盛ってくれます。

『明洞お母さん』の麺は、素麺に少し弾力を足したような柔らかめの麺なので食べやすい。

味付けも、シンプルにトッピングと麺、お酢、冷麺のスープの味を堪能できます。

手作りのお惣菜は、ほとんどが1パック(80g前後)350円でテイクアウトすることができます。

お夕飯の1品やおつまみに、帰りに買っていく方もいるそうです。

試食させてもらった干し大根のキムチが美味しかったので、今日は1パックお願いすることに。

オモニに会いに

常連さんいわく『明洞お母さん』では、手作りの「韓国家庭料理」の味と、オモニの人柄に惹かれて訪れるお客さんが多いそう。

男性のお客さんだけではなく、仕事終わりに女性も一人で食べにくる姿が目立ちます。

ちょっと疲れた日は、オモニの作る「韓国家庭料理」を食べに高架下を訪れてみていかがでしょうか。

【店舗名】明洞(みょんどん)お母さん
【ジャンル】韓国家庭料理店
【住所】神戸市中央区北長狭通1-31-3 MAP
【電話番号】090-8987-3504
【営業時間】15:00~23:00
【定休日】日曜日
【リンク】公式サイト 
【駐車場】なし
※紹介した情報は、記事執筆時点の情報です。また、神戸市内の開店・閉店情報、イベント、街の変化など、情報を求めています。ぜひ情報提供をお願いします。※自分のお店でもOKです。

 
はるな
ライター:はるな
暑さに弱い、九州産。六甲山から海の近くに毎日通っています。
コメントを残す

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。