地下鉄海岸線に全国初「光る絵本列車」&駅ナカで楽しめる「おもちゃ箱列車」が登場。絵本「えんとつ町のプペル」が光る

ライター:カズマ

神戸市交通局が、子育て世帯に向けた取り組みとして、市営地下鉄海岸線を利用した子ども向けイベントが行われます。

光る絵本列車

兵庫県出身の漫才コンビ「キングコング」西野さんの絵本「えんとつ町のプペル」の挿絵を、光る絵本として展示するそうです。美術館などにおける「光る絵本展」は各地で開催されていますが、「暗さ」と「光」と「地下鉄」がコラボした、全国で初めて「光る絵本列車」を運行します。

運行開始日
2018年7月30日(月)

対象車
5編成(新長田方面から2両目に掲出)

おもちゃ箱列車

御崎公園駅に停車した「光る絵本列車」4両1編成をまるまる使って、車内を「おもちゃ箱」のように模様替え。普段入ることができない運転台の見学や、ボールプール、プラレール プレイランドのほか、絵本が読めるスペースの開放等を予定しています。

日時
2018年年8月5日(日)、12日(日)、19日(日)10:00~15:00

場所
市営地下鉄海岸線 御崎公園駅内の改札階、ホーム階

“絵本”車両(1両目)

子どもに人気の絵本が約100冊大集合!!車内で寝転びながら読書することもできます♪

“光る絵本”車両(2両目)

絵本「えんとつ町のプペル」の挿絵を光る絵本として車内の窓に展示します。

“遊ぶ”車両(3両目)

・プラレール プレイランド
・ボールプール

“地下鉄”車両(4両目)

運転台見学海岸線の運転台の見学ができます。
※さらに「海岸線中学生以下フリーパス」の臨時発行所を開設します。

海岸線中学生以下フリーパス臨時発行所開設
おもちゃ箱列車4両目「“地下鉄”車両」にて、市営地下鉄海岸線「三宮・花時計前駅」から海岸線「新長田駅」までが無料で乗車できる「海岸線中学生以下フリーパス」の臨時発行所を開設します。

地下鉄海岸線が無料で乗り放題『中学生以下フリーパス』が、大好評で2018年度も継続してる。

2018.04.05
カズマ
ライター:カズマ
神戸ジャーナル 編集長