新神戸に「神戸ビーフ館」ができてる。神戸ビーフを紹介し、その場でも食べられる

ライター:カズマ

新神戸駅直結の商業施設「新神戸オリエンタルアベニュー」内に『神戸ビーフ館』ができてました。神戸ビーフが食べられる店舗や歴史を紹介したり、小さな飲食スペースも用意されています。


神戸市中央区北野町1

フラワーロードから「新神戸オリエンタルアベニュー」。神戸の北の玄関口「新神戸駅」から直結の商業施設となっています。上層階は「ANAクラウンプラザホテル神戸」です。

山側にある新幹線「新神戸駅」からのアプローチ。駅から屋根のあるところをこちらまで来れます。「新神戸オリエンタルアベニュー」の山側の入り口。

入ってすぐのところ。

入ってすぐ右側がまだ工事中です。以前の記事では、こちらに『神戸ビーフ館』ができるんじゃないかと書きましたが、違っていたようです。まだ工事が続いています。

新神戸駅前にできる「神戸ビーフ館」の現地の様子を見てきた。2019年3月末オープン予定

2019.01.08

「新神戸オリエンタルアベニュー」を山側から入ってまっすぐ来たところにありました。「神戸ビーフ館」。ランチタイムに行きましたが、ぼちぼち人がきてました。

バックパッカーの人とかが結構いるのかと思いますが、そうでもなかったです。オープンすぐってことで、これから認知されていくんでしょう。

中の様子。入ってすぐのギャラリーです。神戸牛の定義については難しく設定されていますが、簡単に言うと、兵庫県産但馬牛の中のエエ肉が「神戸ビーフ」です。

但馬牛と神戸ビーフのランクがわかる展示。霜降りの度合いや、色、肉生地のきめ細やかさ、脂の質などを総合評価した結果、但馬牛の一部が「神戸ビーフ」と認定されます。

展示では、全体が但馬牛で、右の方に行くほど「神戸牛」感が増していって、右端が最高級となっています。霜降り感の見比べ。

飲食スペース。そこまで広いスペースではないですが、気軽に神戸ビーフが食べられるというのはかなりのメリットではないでしょうか。

新神戸駅で人を迎えに行ったりすると、ふらっと立ち寄れるので使いやすいと思います。ドレスコードもないですし。まぁあとは値段か。

ランチメニューとかの設定は特になくて、この中から選びます。60~70gで3,000円からです。すべてのメニューに、サラダ、焼野菜、ライス、香の物、汁物がついています。

神戸ビーフを食べるという意味でいうと、わりとリーズナブルな価格設定なのかもしれません。

ドリンクメニュー。ふらっと食べる場所ですが、ドリンクメニューなどは一通り揃っています。ここまで揃っていると、普通に食事を楽しめそうです。

買う決心はなかなかできませんが、神戸ビーフの公式Tシャツ。いつか着たいと思わなくもないですが、今はまだその気持ちにはなってません。

神戸ビーフについては、この場所から色々な情報発信をしていくようなので、今後の展開が気になるところです。

店舗名神戸ビーフ館
ジャンル神戸牛
住所神戸市中央区北野町1 新神戸オリエンタルアベニュー 3F
電話番号078-241-7790
営業時間11:30~15:00(L.O.14:00)/17:00~21:00(L.O.20:00)
定休日なし
リンク公式サイト / 食べログ
駐車場

紹介した情報は、記事執筆時点の情報です。また、神戸市内の開店・閉店情報、イベント、街の変化など、情報を求めています。ぜひ情報提供をお願いします。※自分のお店でもOKです。

カズマ
ライター:カズマ
神戸ジャーナル 編集長