神戸市が備蓄用「生理用品」を、市立学校に配布

新型コロナウイルス感染症の影響の長期化による経済事情の悪化により、生理用品の購入に困難を抱える女性が増加するといった社会課題について関心が高まっているそうです。

神戸市がこうした状況に対応し、各学校における児童生徒への支援の充実を図るため、緊急対応として災害用に備蓄していた生理用品の一部を市立学校に配布します。

配布数
総数3万枚(昼用、夜用各1万5千枚)
各学校に概ね昼用(26枚入り)2パック、夜用(18枚入り)3パックを配布(学校規模や女子児童生徒数により配分数に増減があります。)

配布先
神戸市立学校264校
小学校、中学校、義務教育学校、高等学校、特別支援学校、工業高等専門学校(分校を含む)



学校での配布方法
原則として保健室にて個別配布

配布時期
学校への配送を令和3年4月30日より順次開始
概ね5月21日までに全校に配送完了予定(児童生徒への配布開始については、各学校にてお知らせします。)

コメントを残す

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。