新長田で「初代兵庫県知事 伊藤博文」講演会 7/9 新長田勤労市民センター 初代総理の最初の一歩

ライター:カズマ

兵庫県政150周年記念として、新長田勤労市民センターで「初代兵庫県知事 伊藤博文」講演会を開講するそうです。事前申込となっていますので、興味がある人はどうぞ。

「初代兵庫県知事 伊藤博文」講演会

2018年7月9日(月)14:00~15:30(受付 13:00~)
新長田勤労市民センター


神戸市長田区若松町5-5-1

兵庫県が廃藩置県以前に成立したのはなぜか。そして、伊藤博文が初代県知事に抜擢されたのは必然か偶然か。維新の動乱と幕末の兵庫(神戸)開港を背景に、兵庫県が形成されていった過程、そこで26歳の伊藤が果たした役割などをお話します。

受講料
無料

募集人数
300名(先着順:一般・中高生)

講師
谷口 義子(神戸学院大学非常勤講師)

開講場所
神戸市立新長田勤労市民センター 別館 ピフレ大ホール

申込期間
2018年6月8日(金)9:00~ 先着順

申込方法
新長田勤労市民センター(神戸市長田区若松町5-5-1 新長田駅前ビル3階)へ電話・FAX or 3階窓口に直接申込。
TEL : 078-643-2431/FAX : 078-643-4350

◆関連リンク
兵庫県政150周年 – 公式サイト

カズマ
ライター:カズマ
神戸ジャーナル 編集長