東遊園地の再整備工事の様子を見てきた。芝生はさら地に。海側のトイレは「閉鎖」

ライター:カオル

再整備工事が進む「東遊園地」の山側エリアの様子を見てきました。


神戸市中央区加納町6-4

市役所の海側にある「東遊園地」は、北エリアが今年秋のリニューアルを目指して再整備工事が行われてます。

今年の「1.17のつどい」が終わって、芝生広場が立ち入り禁止となり工事も本格化しました。

東遊園地の「芝生広場」がついに立ち入り禁止に。リニューアル工事が加速しそう

2022.01.27

広場の芝生は姿を消し、花壇やスロープなども跡形がない状況です。

 

 

敷地東側のファーマーズマーケットなどが行われていたエリア。

ほとんど更地になっている中、残されているのは、上皇后 美智子さまの歌碑です。

皇后時代、阪神・淡路大震災を視察し感じられた思いを込めて詠まれた歌が刻まれています。

「笑み交はし やがて涙のわきいづる 復興なりし 街を行きつつ」

芝生広場の海側にある「公衆トイレ」が、3月に入り閉鎖されてます。

こちらも、再整備工事の1つとして新たなデザインに更新されるんではないでしょうか。

工事区域ではない「1.17希望の灯」などに近く、利用する人も多かったと思いますのでご注意を。最寄りのトイレとしては、「さんちか地下通路」のトイレが案内されてます。

看板上は「3月31日まで」という工事期間でしたが、さすがにあと1か月で今の状態から芝生などを植えたりというのは難しい気も。

最終的には、今年秋にカフェなどもある「にぎわい施設」がオープンする計画なので、焦らず変化を待ちたいと思います。

◆関連リンク
神戸がかわる都心再整備 – 公式サイト

 
カオル
ライター:カオル
とりあえず「食パン」を買う人です。
コメントを残す

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。