阪急沿線の情報紙『TOKK(トック)』創刊「50周年」記念号が発行されてる。入賞者は「ホテル利用券」がもらえる読者参加企画も

ライター:ゆう

1972年4月に創刊した阪急沿線情報紙「TOKK(トック)」が、4月号(3月25日発行)で創刊50周年を迎えました。

読者からのTOKK思い出エピソードを9月号で紹介する企画も用意。1年間にわたって創刊50周年を盛り上げる企画を展開していくそうです。

TOKKにまつわる話題やインタビュー、TOKK編集部が取材した時の思い出といったテーマの特集が5つ用意されています。

(1)私の日々と、TOKK
読者アンケートで「TOKKへの想いやエピソード」を募集したところ、約1,200件のコメントが届いたんだそう。その中から6組にTOKKに対する熱い想いを取材し語ってもらう特集です。

(2)きっかけは、TOKK
これまでTOKKに登場したお店をあらためて取材。TOKK登場後の変化について、お店のオーナーの視点で実際に感じたことを話します。

(3)TOKK編集部が選ぶ 思い出の特集
TOKK編集部が印象に残っている特集について語ります。「サンドイッチ特集の取材後、撮影で提供いただいた商品を、お腹がはちきれそうなほど食べた思い出」や、「1年以上かけて試行錯誤して完成させた2018年の紙面リニューアルのこと」などを紹介。

(4)back to1972
1972年にTOKKは創刊しました。当時を知る方には懐かしく、知らない方には興味深い、今から50年前の世の中の出来事を通してふりかえります。

(5)阪急沿線で、半世紀
TOKK創刊50周年の1年間(全12回)にわたりお届けする企画。TOKKと同じく1972年に誕生し、今年で開業50周年を迎えるお店にスポットをあてて、その歩みや思い出を取材しました。お店とTOKKの50周年を記念した「特別メニュー・特典」などもあります。

読者が参加できる企画も登場。第1弾は「私とTOKKの思い出」です。TOKKをきっかけに訪れた場所や思い出など、TOKKにまつわるエピソードを募集しています。

5月15日までの応募からいくつかのエピソードは、9月号の紙面で紹介される予定です。入賞した人には「ホテル利用券」がプレゼントされます。

私とTOKKの思い出
【応募期間】5月15日(日)23:59まで
【賞】

・TOKK大賞(1人)ホテル阪急インターナショナル20,000円利用券
・優秀賞(1人)宝塚ホテル10,000円利用券
・特別賞(2人)新阪急ホテル5,000円利用券
【応募方法】TOKK創刊50周年記念特設サイトから
【問い合わせ】メール:tokk@hhms.co.jp

創刊50周年記念特設サイトでは、TOKKのバックナンバーを紹介するページもあります。表紙だけでなく中身の特集ページや記事も見られるので、当時のまちや人の様子など、歴史を感じることができますよ。

懐かしさや新しい発見があると思いますので、興味のある人はぜひ特設サイトを覗いてみてはいかがでしょうか。

◆関連リンク
TOKK創刊50周年記念 特設サイト – 公式サイト
TOKK(トック) – 公式サイト
阪急電鉄 – 公式サイト

 
ゆう
ライター:ゆう
推しプリンを探しています。
コメントを残す

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。