JR兵庫駅の近くに『dekoboko(デコボコ)』ってカフェができてる。古民家でほっこりしながら「フルーツタルト」

ライター:カオル

兵庫駅の近くに古民家を改装したカフェ 『デコボコ』ができてます。子連れ・犬連れにもやさしい感じのカフェです。


神戸市兵庫区駅南通2-2-30

カフェ『decoboko(でこぼこ)』ができたのは、JR兵庫駅から歩いて数分ほど。東を向いて奥に見えるのが、「兵庫図書館」などが入る駅前のタワーマンションです。

道を挟んで山側の角には「セブンイレブン」があります。まっすぐ西へ行くと去年「パーク&ライド型」保育園ができたあたり。

JR兵庫駅前の「パーク&ライド型」保育園が完成してる。4月から開園

2020.05.18

店頭では、フルーツがたくさんのった「手作りタルト」や「クロワッサン」「焼き菓子」などがテイクアウトできます。



以前は「土日家焙煎研究所」という週末中心のカフェだった場所で、さらに壁を塗ったり改装した上で『デコボコ』に。

建物右手の庭を抜けた奥がカフェの入口です。

「Pet Friendly(ペット・フレンドリー)」と看板も出ていて、庭のところで丸太のイスに座って「ワンちゃんと利用」もOK。

店内は土間の「テーブル席」とちゃぶ台が置かれた「座敷席」があって、絵本が置かれた「キッズスペース」もあるそう。

メニューは、丸いガラスを熱する「サイフォン式」のコーヒーや、「カレー」や「ロコモコ」のランチセットは1200円。


画像:公式Instagramより

タルトは1つ400円~、これは選ぶの大変そうです。写真には載ってませんが「ミニトマト」のタルトもありました。

季節ごとに気になるタルトが登場しそうな予感がします。

【店舗名】凸凹
【ジャンル】カフェ・洋菓子店
【住所】神戸市兵庫区駅南通2-2-30
【電話番号】090-3284-0281
【営業時間】10:00~19:00
【定休日】不定休
【リンク】公式サイト / Instagram食べログ
【駐車場】なし
※紹介した情報は、記事執筆時点の情報です。また、神戸市内の開店・閉店情報、イベント、街の変化など、情報を求めています。ぜひ情報提供をお願いします。※自分のお店でもOKです。

カオル
ライター:カオル
とりあえず「食パン」を買う人です。

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。

1 個のコメントコメントを残す
  • 鳴く魚

    一般的に古民家というのは昭和25年以前に伝統的な建築技法で建てられた住居のことです。写真の建物は外観からの予想ですが、昭和40年〜50年ごろに大量生産された住居じゃないでしょうか?

    2021年8月5日2:15 PM 返信する