【厳選】パンの聖地!神戸で「ハード系パン」がおいしいパン屋さん 7選

ライター:ふうか

食事にも、おやつにも、おつまみにも、どんなシーンでも楽しめる「ハード系パン」

バゲットやカンパーニュ、リュスティックやバタールなど、たくさんの種類がある上に、フルーツ入りやサンドイッチなど楽しみ方もいろいろありますよね。

今回は、あちこちにパン屋さんがある神戸で、特に「ハード系」のパンが美味しいお店を厳選して「7店」ご紹介します。

もくじ
● 【三宮】ブランジェリー コム・シノワ
● 【北野】Ça marche(サマーシュ)
● 【元町】La lotta Bakery(ラ ロッタ ベーカリー)
● 【元町】Boulangerie La Lune(ブランジュリ ラ・リュンヌ)
● 【元町】パンやきどころ RIKI(リキ)
● 【西元町】boulangerie recolte(ブーランジェリー レコルト)神戸店 rond point(ロン ポワン)
● 【神戸駅】Place de Pasto(プラス ドゥ パスト)

【三宮】ブランジェリー コム・シノワ


画像:Instagramより(@39travel

三宮・神戸国際会館の近くにある『ブランジェリー コム・シノワ』は、フレンチ出身のシェフが手がける、神戸を代表するベーカリーです。

店内には、定番のハード系パンから食パン、調理パン、菓子パン、洋菓子などが所せましと並んでいます。

人気商品には、程よい酸味と香ばしさが特徴の「パン・ド・カンパーニュ」や、噛めば噛むほどうま味を感じる「バゲット」、くるみとレーズンがたっぷり入った香ばしい田舎パン「ノワ・レザン」などがラインナップ。

長年愛される間違いない美味しさの生地は、サンドイッチなどでも人気です。

パンと洋菓子は、併設のカフェ「オネストカフェ」でイートインすることもできますよ。

地図
神戸市中央区御幸通7-1-15【MAP

営業時間
8:00~18:30

定休日
水曜日

◆関連リンク
Comme Chinois コムシノワ – Instagram

【北野】Ça marche(サマーシュ)

北野エリアにある『Ça marche(サマーシュ)』は、食べログの全国版「パン 百名店」に何度も選ばれているお店です。

30年間、パンの種を継いで焼き続けてる大きな「カンパーニュ」が名物で、日々の食事に合わせるシンプルなパンがメインに並んでいます。

パンが陳列している棚の前にはバーが設置してあり、「こんな感じのパンが欲しい」など店員さんと話しながら購入するスタイルです。

先ほどご紹介した「コム・シノワ」出身のオーナーシェフが焼く『カンパーニュ』は、バリっとした強めのクラスト(外側)に、ぎゅっと詰まったもっちり食感のクラム(内側)が特徴的。

味わい深い生地そのもののファンも多いみたいです。

そのほか、フランスパンの生地で焼き上げたハードトーストや、薄皮がパリッと香ばしい「もち麦のクッペ」など、いろんな種類のハード系パンが楽しめます。

地図
神戸市中央区山本通3-1-3【MAP

営業時間
10:00~18:00

定休日
月・火・水曜日

◆関連リンク
Ca Marche(サ・マーシュ) – Instagram

【元町】La lotta Bakery(ラ ロッタ ベーカリー)


画像:Instagramより(@pandabergamot

南京町近くにある『La lotta Bakery(ラ ロッタ ベーカリー)』は、「全粒粉」を使用したパンを中心に販売しているベーカリーです。

無農薬の食材・グルテンフリーなど体にいい自然な材料を使って、余計なものを入れない「心にも体にも優しいパン」が味わえます。

ハード系のパンは、日本人好みに柔らかいものにするのではなく、硬いからこそ噛みしめるほどに「旨み」が広がるようなパンに仕上げられているんだとか。


画像:公式Instagramより

バゲットやいろんな具材のカンパーニュなど、ハード系のパンがずらりと並んでいます。

「ロッタ バゲット」は、外側のクラストが硬めで、中のクラムはもっちり。「カンパーニュ」の生地は、自然なライ麦の酸味だけを活かした、食べやすいタイプ。

それぞれハーフサイズも販売されています。

スイーツ系のパンや焼き菓子、冷蔵ケースにはサンドイッチなども並んでいるので、南京町へ行くときにはぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

地図
神戸市中央区元町通2-4-5【MAP

営業時間
12:00〜19:00(売切次第CLOSE)

定休日
月・火・水曜日

◆関連リンク
La lotta Bakery – Instagram

【元町】Boulangerie La Lune(ブランジュリ ラ・リュンヌ)


画像:公式Instagramより

地下鉄 みなと元町駅すぐのところにある『Boulangerie La Lune(ブランジュリ ラ・リュンヌ)』は、フランスでおなじみのパンを提供するお店です。

「フランス産小麦」のコクのある風味を活かしたしっとり・もっちり食感で、口溶けの良い味わいのパンが楽しめます。

時間を分けてさまざまな種類のパンが店頭に並びますが、ふわふわの「パンドミ(食パン)」などは、店舗に出てもあっという間になくなってしまうぐらい人気なんだとか。


画像:公式Instagramより

本場フランスのバゲットはもちろん、フランス産小麦粉100%のバゲット生地に数種のチーズ・オリーブなどをのせた「フーガス」も人気があるみたいです。

シンプルなライ麦パン「セーグル」は小麦の香りが強く、かなりしっかりした噛み応えがあるタイプ。

具材たっぷりのスイーツ系デニッシュ、タルティーヌ、キッシュなども多いので、ランチ用に買っていくというのもいいかもしれませんね。

地図
神戸市中央区栄町通4-3-12【MAP

営業時間
10:00~19:00

定休日
水・木曜日

◆関連リンク
Boulangerie la lune – Instagram

【元町】パンやきどころ RIKI(リキ)

栄町通近くにある『パンやきどころ RIKI(リキ)』は、食べログ「パン WEST 百名店」に4年連続で選ばれたお店です。

国産小麦を100%使用し、イーストフード・マーガリン・ショートニングは一切使用していないというこだわり。

ハード系をメインに、惣菜パンから甘い系の菓子パン、サンドイッチなど幅広い商品がラインナップしていて、平日の午前中でも行列ができていることがあります。


画像:Instagramより(@toshi0605

入店すると、左の棚にはデニッシュなど「菓子パン系」や「ふわふわタイプ」のパンが、右の棚には「ハード系パン」がずらりと並びます。

バゲット・リュスティックなどのハード系パンは、外はガリっと・中はもっちりと噛みごたえがあるタイプ。

シンプルな生地に「枝豆とレッドチェダー」や「マカダミアナッツとホワイトチョコ」など、絶妙な組み合わせの具材が入ったパンにあれこれ目移りしてしまいます。

大体10時ごろにひと通りのパンが焼きあがるそうなので、色々食べてみたい人は参考にしてみてください。

地図
神戸市中央区栄町通2-7-4【MAP

営業時間
8:00〜18:00(売り切れ次第閉店)

定休日
火・水曜日

◆関連リンク
パンやきどころRIKI – Instagram

【西元町】boulangerie recolte(ブーランジェリー レコルト)神戸店 rond point(ロン ポワン)

元町商店街の西側出入口からすぐのところにある『ブーランジェリー レコルト 神戸店 ロン ポワン』は、地下鉄 大開駅の近くにある本店「ブーランジェリー レコルト」の姉妹店です。

元・臨床検査技師のオーナーが、環境にも健康にも良い材料を使ったパンを販売しています。

本格的なハードパンから手軽な菓子パンまで、1日に60~70種類のパンを焼き上げているんだとか。

本店はテイクアウトのみですが、姉妹店の「ロン ポワン」には店内奥にイートインできるカフェが併設されています。

石臼挽きの粉を使用した「バケット」は、外はパリッと固く、中身はもっちりとした食感。

ほのかな酸味と、鼻に抜ける麦の香りを感じられる仕上がりで、ドライフルーツやクルミが入ったものも用意されています。

しっとり食感の「大きいパンシリーズ」は、玄米・チーズ・宇治抹茶・チョコ・オレンジなどのバリエーションがあり、グラム販売されているそう。

シンプルな「ハード系パン」の違いが分からない場合は教えてくれるみたいなので、毎日の食事に合わせやすいんじゃないでしょうか。

地図
神戸市中央区相生町1-1-16【MAP

営業時間
10:00~19:00

定休日
日・月曜日

◆関連リンク
boulangerie recolte – Instagram

【神戸駅】Place de Pasto(プラス ドゥ パスト)


画像:Instagramより(@no17_mari

湊川神社・通称「楠公さん」のすぐ近くにある『Place de Pasto(プラス ドゥ パスト)』は、食べログ「パン WEST 百名店 2020」に選ばれたお店です。

水色を基調とした店内・外観は、南フランスをイメージさせるおしゃれな雰囲気が漂っています。

パンの販売のほか、デリカテッセンやドリンクの販売もされていて、店内のイートインスペースでは軽めのランチや、ワインなどを合わせて「パン飲み」をすることもOK。


画像:Instagramより(@kpz.1987

南フランス伝統の「フーガス」がおすすめなんだそう。グリーンオリーブが入っていて、表面はサクサク、中はもっちりとした食感が楽しめます。

フレンチ惣菜「パテ・ド・カンパーニュ」を挟んだボリューム満点のサンドイッチなども人気。

お参りついでに立ち寄ってみるのもいいんじゃないでしょうか。

地図
神戸市中央区橘通3-1-1【MAP

営業時間
10:00~18:00

定休日
月・火・水曜日

◆関連リンク
Place de Pasto – Instagram


いかがでしたか?ほかにもこんなまとめ記事がみたい!がありましたら、どんどんコメントお待ちしています。

神戸ジャーナルのサイト内には、各記事の下部に #ハッシュタグ を設けています。

例えば、「パン」「三宮/元町グルメ」など、今読んでいる記事の気になるタグをクリックすると、関連する記事をチェックすることができます。便利なのでぜひ使ってみてくださいね。

 
ふうか
ライター:ふうか
基本どこへ行くのも徒歩で移動します。

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。

3 件のコメントコメントを残す
  • 匿名

    パネホマレッタさんも美味しいし有名なんやけどなぁ

    2022年5月30日12:05 AM 返信する
  • 匿名さん

    MAISON MURATAのパンとーってもおいしいです

    2022年5月29日5:13 PM 返信する
  • 匿名さん

    和田岬のメゾンムラタさんが、美味しけどな~

    2022年5月29日6:38 AM 返信する