ルミナリエのテーマが『希望の光に導かれて、25年』に決定。12/6-15 一部で白熱電球が復活

ライター:カズマ

神戸ルミナリエ組織委員会が、今年のルミナリエの作品テーマを「希望の光に導かれて、25年」と決定し発表しました。

第25回神戸ルミナリエ
~ 希望の光に導かれて、25年 ~

2019年12月6日(金)~15日(日)10日間
旧外国人居留地&東遊園地

点灯時間
12月6日(金)18:00頃 ~ 22:00 点灯式
12月7日(土)17:00頃 ~ 22:00
12月8日(日)17:00頃 〜 21:30
12月9日(月)18:00頃 ~ 21:30
12月10日(火)18:00頃 ~ 21:30
12月11日(水)18:00頃 ~ 21:30
12月12日(木)18:00頃 ~ 21:30
12月13日(金)18:00頃 ~ 22:00
12月14日(土)17:00頃 ~ 22:00
12月15日(日)17:00頃 〜 21:30 消灯式
※混雑状況により点灯時間を繰り上げることがあります。特に、土・日は薄暮時に点灯する可能性があります。
※荒天の場合は、点灯を見合わせることがあります。

「第25回神戸ルミナリエ」作品テーマ

「希望の光に導かれて、25年」
(Da 25 anni, guidati dalle luci della speranza)

【作者からのメッセージ】

25年目となる今年もまた、 この神戸は賑わいます。
通りを埋め尽くす人々、空を見つめ、点灯の鐘の音を待つ人々。

25年前の記憶と、失った人々の思い出を胸に。
私たちの子供や、次の世代を担う若者に、私たちの物語、
そして私たちの夢と希望を伝えるために。
震災から復興したこの神戸を、誇りに思うために。

兵庫、日本、そして全世界に向け、神戸ルミナリエの灯火が、今年も点灯します。
この光は皆さん一人ひとりの献身、努力、そして愛の象徴です。
このルミナリエの光が、私たちの心に永遠に輝き続け、世界への希望のメッセージとなりますように。

-ダニエル・モンテベルデ


今回の注目は、やはり一部で白熱電球が使わるところだと思います。

何度も見ている人は違いが分かると思いますが、LED電球だと光源の一つ一つがしっかり見えて、白熱電球だと淡く見えるのが特徴です。

思ったより違いが分かります。

阪神淡路大震災を経験していない世代への「震災語り部ブース」が設置され、また、引き続き「一人100円募金」も呼びかけています。

◆関連リンク
神戸ルミナリエ – 公式サイト

カズマ
ライター:カズマ
神戸ジャーナル 編集長
コメントを残す

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。