ハーバーランドの「中突堤」にある「防潮扉」が遠隔操作できるようになるみたい。災害時に素早く対応

ライター:カオル

「中突堤」にある「防潮扉」が、津波などに備えて「遠隔」で操作できるようになるみたいです。


神戸市中央区弁天町1

ハーバーランドにある水害時の水の流入を防ぐための「防潮扉」は、「モザイク」から「ポートタワー」方向へ行く途中にあります。

分厚いコンクリートの壁に備え付けられた白い鉄の扉です。高さ1.6m×6mの明らかに重そうな「引き戸」。



いつ起こるか分からないのが災害、夜間や休日は近くに住む市職員が駆け付けて「防潮扉」を閉める体制をとっているそうです。

「職員の安全確保」もしながら、南海トラフ地震による津波などに「素早く対応」できるよう、神戸では「遠隔化」が進められてきました。

「タブレット端末」を使い監視カメラで状況を確認しながら「遠隔」で操作できるというシステムで、メリケンパークなどではすでに導入されてます。

予測される南海トラフ巨大地震の津波の到達時間は最短で約80分。全国瞬時警報システム(Jアラート)が鳴ると、約30分間周囲に避難を呼び掛けた上で「自動的に閉鎖」し、「人を検知」した場合は「一時停止」するとか。

できる限りの災害対策が取られて行きますが、津波は「最高約4m」とも言われているので、「防潮扉」を軽く超えてきます。やはり避難が第一。

台風シーズンもやってきますので、事前に、ハザードマップなど確認してみてはいかがでしょうか。

 
カオル
ライター:カオル
とりあえず「食パン」を買う人です。
コメントを残す

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。