「HAT神戸なぎさ公園」に新たなアート作品。3.5mの大きな「くま」が登場

ライター:エミ

野外アートがいくつも並ぶ「HAT神戸」のなぎさ公園に、新たに2つの彫刻作品が設置されました。


神戸市中央区脇浜海岸通1-4-1

「HAT神戸」には、兵庫県立美術館の「美カエル」や「青りんご」など、野外アートが点在しています。

兵庫県立美術館にある『アンドウ・ギャラリー』の「青りんご」を見てきた。やっぱりりんごは、デカかった

2019.08.22

今回「なぎさ公園」に新たに設置されたのは、「くま」と「水」の2つの彫刻作品。

 

 

「くま」は彫刻家「三沢厚彦」さんの『Animal 2021-01-B(KOBE Bear)』というブロンズ製の彫刻作品。高さは「約3.5m」なので、近くに行くとかなり見上げるくらいの大きさです。

ゴールド系の色は太陽や海のキラキラした「光」を、左手の傾きは「六甲山」の傾きを、右手は海の「水平線」をイメージしているそう。

「青色」の左目は空や海を、「緑色」の右目は六甲山の緑を映しているとのこと。つい「くま」と同じポーズで写真を撮っちゃいそうですね。

こちらは彫刻家「名和晃平」さんの『Ether(family)(エーテル ファミリー)』という作品で、水と重力が「生命力」につながっていることを表したもの。

ガラスの球体など色んな物質を用いて作られているそうです。こちらは高さ「約4m」ということで、「くま」よりちょっと大きめです。

「野外アートめぐり」ができるエリアが広がりました。HAT神戸は再整備中だそうなので、これからもまたアートが増えるかもしれませんね。

 
エミ
ライター:エミ
三宮は目をつぶりながら歩けます。

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。

1 個のコメントコメントを残す
  • コウベマー

    いくらするん?

    2021年7月5日10:46 PM 返信する