神戸大使「平松愛理」さんに神戸市から感謝状が贈られるみたい。ライブ活動「1.17 KOBE MEETING」に区切り

2005年から神戸大使をしている平松愛理さんが、神戸市から感謝状を贈られるそうです。一般の参加はできませんが、1月21日(火)に市役所で贈呈式が行われます。

平松さんは神戸市須磨区出身で、阪神・淡路大震災の発生した1997年より毎年神戸で復興支援ライブ「1.17 KOBE MEETING」を開催、2005年に神戸大使になっています。

震災から25年目を迎える今年2020年1月で「1.17 KOBE MEETING」の公演が最後となるそうで、それを機に神戸市から感謝状が贈られる。

平松さんのしている「神戸大使」ですが、経済、文化・芸術、スポーツなどの分野で活躍する神戸にゆかりの深い著名人で、神戸に深い愛着があり、神戸の応援団となる熱意のある国内外の人が任命され、神戸のまちの魅力をPR、神戸のイメージアップ、神戸のまちづくりに対して提言することが期待されています。

神戸大使はほかに、デザイナーのアニエス・ベーさんやサッカーの三浦 知良さんなど、10名以上がいます。

神戸大使としての活動は継続?だと思うのですが、継続的に神戸と繋がっていくのではないでしょうか。今後の活動も注目しています。

◆関連リンク
平松愛理オフィシャルサイト ERI’S WEB ROOM – 公式サイト

コメントを残す

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。