JR摂津本山駅すぐにあるフレンチの『レクスキ(L’Exquis)』一流ホテル出身のシェフが手がける旬にこだわるコース料理

ライター:れいな

神戸でオープンしたお店や会社など紹介する連載シリーズ。神戸市が実施する無料の開業支援サービス「神戸開業支援コンシェルジュ」を活用し、現在活躍中のお店をピックアップしていきます。

今回はJR摂津本山駅からすぐの場所にあります、素材の良さを活かした、目でも楽しめるコース料理とワインを提供するフレンチ『レクスキ(L’Exquis)』をご紹介。


神戸市東灘区田中町1-13-22

JR摂津本山駅の南口を降りると、すぐに正面ロータリー右奥に見える建物の2階です。阪急岡本駅や甲南大学とは逆方向の海側になります。

西を向くとこんな感じ。JR住吉駅があるほうです。白い車が止まっているあたりの階段から、レストランのある2階へ上れます。

東を向くとこんな感じ。ロータリーの目の前で、建物の1階には「ベッカーブルシュ」ってベーカリーがあります。

フレンチ「レクスキ」の特徴

シェラトン、ウェスティン、インターコンチネンタルなど、一流ホテルでシェフを務めてきた「津田 義浩(つだ よしひろ)」さんが手がけるコース料理とワインが楽しめるフレンチ。

ホテル勤務時代からのネットワークを活かし、地元・兵庫県の食材を中心に使っています。明石の新鮮なタコがあるときには、フランス料理には珍しく「生のタコ」も料理に。地の利をいかした、ここでしか食べられないフレンチが提供されています。

ランチコース(2900円~)も、ディナーコース(9000円~)も、料理はすべて「おまかせ」スタイル。食材の「旬」が最優先で、その時手に入る食材の良さをどう引き出すかが、津田さんの腕の見せどころ。

様々な珍しいお酒も用意されていて、フランスワインだけでも170本。ディナータイムには、一皿一皿に合わせたグラスワインを提供。料理とのペアリングを楽しめます。

「手軽に楽しめるフレンチ」ではなく「特別な日にこそ、行きたくなるフレンチ」。時間がたってからも、食べに来た日のことを思い出して、料理のことを語りたくなるはず。

オススメの料理

料理の内容は、旬の食材に合わせて変わりますので、写真は取材時のディナーコースの一部。

北海道産のサクラマスは身が引き締まって甘く、皮はパリパリ。添えられているのは、淡路の新玉ねぎ。もともと「甘い」と言われている新玉ねぎですが、より早めに収穫したものを使ってるので、さらに甘く、茎まで食べることができます。

生産者や地元の商店との繋がりが深く、旬のものや珍しいものが手に入ることが最大の強みで、津田さんの手でポテンシャルを最大限に引き出された食材。

味だけでなく見た目にもこだわっていて、料理が運ばれてくるたびに目を楽しませてくれます。写真の紫色の野菜は「白菜」。そのほか、黄色・紫のカリフラワーなど、津田さんのリクエストで生産されるようになったお野菜もあるんだとか。

味とビジュアルの両方が特別な一皿です。

神戸でお店をオープンしたキッカケ

これまで、神戸ポートピアホテルにあった「アランシャペル」や、神戸ベイシェラトン ホテル&タワーズにあった「ラ・コートドール」、ウェスティンホテル淡路、インターコンチネンタルホテル大阪など、一流ホテルで活躍してきた津田さん。

ひたすらに食材の旬を追い求めて料理したいと独立を決意し、神戸市が実施する無料の開業支援サービス「神⼾開業⽀援コンシェルジュ」を利用し、様々な得意分野をもつコーディネーターとの個別相談を積極的に活用。

苦手なことは信頼できる専門家に任せて、料理に集中できる環境を整えることができました。馴染み深い神戸で店を開き、食材の旬をフランチで提供しています。

今後の目標

六甲山のクロアゲハがモチーフのデザートなど、神戸がメインテーマの一皿も。

より食材の美味しさを引き出せるスタイルを求めていくため、ゆくゆくはフレンチには珍しく、食べる人の目の前で調理し仕上げるカウンタースタイルも取り入れたいと考えている津田さん。食材に包丁が入れられるみずみずしい音や、調理で引き出される香りなど「五感」で、旬の食材を満喫してほしいという思いが伝わってきます。

ちなみに、店名の「レクスキ(L’Exquis)」は「この上なく素晴らしい」という意味。

今食べるべき食材のポテンシャルを最大限引き出し、味にもビジュアルにもこだわったフレンチで、旬を楽しんでみては。

店舗名レクスキ(L’Exquis)
ジャンルフレンチ、ワイン
住所神戸市東灘区田中町1-13-22 本山アーバンライフ2F
電話番号078-223-5176(予約してからお越しください)
営業時間【ランチ】12:00~15:00(L.O.13:30)【ディナー】18:00~22:30(L.O.20:30)
定休日月曜日(祝日の場合翌日)、第三火曜日
リンク公式サイト / Instagram / 食べログ
駐車場なし

紹介した情報は、記事執筆時点の情報です。また、神戸市内の開店・閉店情報、イベント、街の変化など、情報を求めています。ぜひ情報提供をお願いします。※自分のお店でもOKです。

れいな
ライター:れいな
「東遊園地」には観覧車があると思った人。
コメントを残す

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。