『三宮ターミナルビル』の解体が、ほぼ終わりかけなのに「新ビルの計画」に遅れ・・・三宮再整備も心配に

ライター:カオル

JR三ノ宮駅の駅ビルの解体の終わりが見えてきました。でも「次」の話が全然進んでないみたいです。


神戸市中央区雲井通8-1-2

『三宮ターミナルビル』は、ホテルや「三宮OPA」などが入っていたJR三ノ宮駅の駅ビルで、2018年3月末に閉館し解体が進められていました。これまでの様子はこちら↓↓↓

JR三ノ宮駅ビル「三宮ターミナルビル」の解体工事が始まってる

2019.05.15

順調に解体が進む「三宮ターミナルビル」。隣に建設中の「神戸阪急ビル東館」も目立ってきた

2020.04.11

地上11階までありましたが、ほとんど1階部分を残すのみといった感じに。

奥に山も見えてますし、JRのホームもちらっと見えるほどです。

上から見るとこんな感じ。2階部分も、がらんとして、ほぼなくなってます。

タワークレーンもそろそろお役御免になり、更地になる日も近いんじゃないでしょうか。

ただ、ここにきて心配なニュースが「三ノ宮駅ビルの都市計画決定が延期」です。

神戸新聞によると、今年度中にできるはずだった「計画」の決定が、来年度にズレていきそうとのこと。やはり、コロナの影響。

JR西日本の目標では、ホテルや商業施設が入る駅ビルが「2023年度以降に開業」でしたが難しそうです。

神戸市が進める「三宮再整備」のひとつに、駅前を歩行者中心の空間にする「三宮クロススクエア」というのがあります。

駅ビル周辺は、日常的なにぎわいや大規模なイベントにも対応できる「にぎわいゾーン」のイメージみたいなので、駅ビル計画の遅れの影響は相当ありそう。

計画ができるまでの間、「更地でイベント」をやったりということも考えられているようなので、今後どうなっていくのか気きになるところです。

◆関連リンク
神戸市 – 公式サイト
都心・三宮再整備 KOBE VISION – 公式サイト

カオル
ライター:カオル
とりあえず「食パン」を買う人です。

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。

2 件のコメントコメントを残す
  • 匿名さん

    一日でも早く新ビルに取りかかれるといいですね…

    2020年10月2日9:47 AM 返信する
  • おふぅ

    近くに失敗例もどっさりあるし、慌てないでじっくり考えた方が良い。

    2020年9月30日6:11 PM 返信する