長田神社ちかくのカフェ&ダンススタジオ『ループラス(LOO+)』世界を知る現役パフォーマーから習う、世代を超えて楽しめるダンス

ライター:れいな

神戸でオープンしたお店や会社など紹介する連載シリーズ。神戸市が実施する無料の開業支援サービス「神戸開業支援コンシェルジュ」を活用し、現在活躍中のお店をピックアップしていきます。

今回は、長田神社の近くにあります、カフェが併設されたダンススタジオ『ループラス(LOO+)』をご紹介。


神戸市長田区長田町1-4-16  

場所は長田神社の近く。長田神社前商店街の西側のブロックです。北を向くとこんな感じ。写真奥に小さく赤く見えるのが、神社につづく赤い橋で、ずっと進むと右手に長田神社が見えてきます。

南を向くと「高速長田駅」や地下鉄「長田駅」があるほうです。突き当りを左に曲がると、「ダイエー グルメシティ長田店」や「NAGATA食遊館」がある長田本通りの交差点に出て、長田神社前商店街の目印・大きな赤い鳥居も見えます。

カフェ併設ダンススタジオ「ループラス(LOO+)」の特徴

1階はカフェ、2階はスタジオとなっていて、1階のカフェでは、チーズたっぷりキーマカレーや日替わりパスタ。テイクアウトする人も多いタピオカドリンクやスムージー。ビール・カクテル・ワインといったお酒まで充実しています。完全個室のプライベートネイルサロンも。

2階スタジオのレッスンプログラムには、5種類のダンス(ヒップホップ/ロック/ジャズ/ブレイク/タップ)やヨガ、さらにはヒューマンビートボックス・ループステーションといった珍しいものもあります。

「ヒューマンビートボックス」というと、口・鼻・喉を使って、ドラム・ベース・ターンテーブルのスクラッチ音などを再現する技術。その再現した音を機械で組み合わせて、1つの曲を生み出すのが「ループステーション」のレッスンです。

ヒューマンビートボックス↓↓

ループステーション↓↓

こういったヒューマンビートボックスやループステーションを、カリキュラムを組み常設しているスタジオは全国でもかなり珍しいのではないでしょうか。レッスンを担当するのは、アジアチャンピオンの2人です。

その他のレッスンを担当する先生も、日本全国・世界で活躍する現役パフォーマー。これから世界に出ていきたい人や、いつかプロのダンサーになりたいと思っている人には、きっといい刺激になるはず。レッスン後には、1階のカフェでお茶を飲む先生が多いので、ざっくばらんに色んな話を聞くことが出来ます。

オススメのサービス

1階のカフェにはモニターがあって、流れているのは2階のレッスン風景。

お子さんがレッスンを受けている間、お茶や食事、ネイルをしながらゆったり待つお母さん・お父さんも多いんだとか。モニターでお子さんの様子が分かるので安心して、自分の時間を持てそうです。

近くを通りかかって「喉が渇いたからコーヒーでも飲もう」と入ったら、モニターにくぎ付けになりダンスに興味を持つ人も。「ヒップホップって面白そう」「ブレイクダンスに挑戦してみたい」と2階のスタジオに通うようになった60代70代の人もいます。

いきなり体験レッスンに行くのはハードルが高くて躊躇している人も、モニターで見て疑似体験レッスンができるかも。

神戸でお店をオープンしたキッカケ

オーナーの「金子 優(かねこ ゆう)」さんは、1994年に長田で生まれました。

高校2年生の時、ロサンゼルスで「ビヨンセの振付師」に指導を受けられる講座に、長田神社でダンスをしている映像で応募。世界中からわずか20人の選考枠に入ることができ、その講座で力を認められて、現地のワークショップの講師役にも抜擢されたそうです。

その後、May.Jなど有名アーティストのバックダンサーや振付師を歴任。鈴木おさむ・黄帝心仙人の舞台でアジア選抜ダンサー日本代表として出演し、自分自身でも、2か月に1回、様々なパフォーマーとタッグを組んだイベントを主催するように。

その中で「イベントで、ダンスや音楽に興味を持っても、その場で習うことはできない。興味を持ったら、その場で習うことができる場所を地元・長田に作りたい。」と決意し、神戸市が実施する無料の開業支援サービス「神⼾開業⽀援コンシェルジュ」を利用しました。

開業のためのサポートはもちろん、開業後も、20代前半で起業した金子さんは、若手女性起業家の代表として登壇する機会を得るなど、開業後の人脈作りにも活かされたと感じているそうです。

ダンサーとしてはおそらく初めて「神戸長田文化奨励賞」を受賞し、ダンスを通して若い人たちを長田に呼び、地元を盛り上げています。

金子さんのヒップホップダンスの様子↓↓

今後の目標

1階のカフェスペースにはステージや音響・照明もありますから、ループラスでしかできないショーを開催したいというのが、金子さんの目標です。

例えば、生徒さんが「ヒューマンビートボックス」や「ループステーション」のレッスンでつくったオリジナルソングで、ヒップホップやブレイクダンスを踊る。「曲もダンスも自己表現」という新しいパフォーマンスです。

なにか自分を表現できるものを探している人。ダンスやヨガ、ヒューマンビートボックスやループステーションに興味はあるけれども、自分にできるか不安で、一歩踏み出せずにいる人。1階のカフェでお茶を飲みながらモニターを見ていたら、もしくはイベントに遊びに来たら、新しい世界への扉が開けるかもしれません。

屋号「ループラス(LOO+)」には、人と人とが繋がり輪(ループ)になって、高みへと昇っていけるようにという思いが込められています。

ヒップホップやブレイクダンスは、若い人がやるもの。ダンスイベントは、普段行ったことない人には近寄りがたい。そんなイメージを変える場所、世代の壁を越えて新しい人の輪が出来て「ダンス」を楽しめる場所になれば。

店舗名ループラス(LOO+)
ジャンルダンススタジオ、カフェ
住所神戸市長田区長田町1-4-16
電話番号078-646-2206
営業時間カフェ【火~土】11:00~21:30(L.O.21:00)【日】11:00~15:00
定休日カフェ 月曜日 
リンク公式サイト / Facebook / Twitter / Instagram  
駐車場なし

紹介した情報は、記事執筆時点の情報です。また、神戸市内の開店・閉店情報、イベント、街の変化など、情報を求めています。ぜひ情報提供をお願いします。※自分のお店でもOKです。

れいな
ライター:れいな
「東遊園地」には観覧車があると思った人。
コメントを残す

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。