大迫力のジオラマが登場する『特撮のDNA展 平成に受け継がれた特撮“匠の夢”』7/14-9/2 明石市立文化博物館

ライター:ビッグブリッジ

ゴジラ、モスラ、メカゴジラなど大怪獣が目の前でみれる特別展が開催されます。

特撮のDNA展 平成に受け継がれた特撮“匠の夢”

2018年7月14日(土)~9月2日(日)9:30~18:30 ※入館は18:00まで
明石市立文化博物館


兵庫県明石市上ノ丸2-13-1

「特撮」と聞けば、子どもたちばかりでなく、つい興奮を覚えてしまうオトナも多いはず。

それは、映画やテレビに繰り返し登場し、私たちの心をとらえて離さなかった怪獣やヒーローたちの記憶と密接にリンクしているからにほかなりません。彼らに憧憬して育った現代日本人の体内には、いつしか特撮のDNAが芽生えていたのです!

「特撮」この夢の技術を日本映画に初めて取り入れたのが、特撮の神様・円谷英二です。円谷率いる東宝特殊技術課(当時)の面々は、ミニチュアや着ぐるみを駆使した独自の撮影手法を編み出し『ゴジラ』をはじめとする数多の名作、名キャラクターを世に送り出しました。

彼らが築いた技術と尽きることのない情熱は、デジタル全盛となったいまも、若い世代へと確実に受け継がれています。本展は、「特撮の技術」とその「継承者たち」にスポットをあて、まだ見ぬ世界を具現化し、空想と現実の境界を軽々と飛び越えた特撮マンたちの仕事を展観します。

ジオラマには、全高約180センチのゴジラスーツやメカゴジラのスーツなどのスーツとともに、フォトスポットが設置されます。トークショーなども開催されます。

入館料
【当日券】大人1000円、高大学生700円、中学生以下無料
【前売券】大人800円、ペア1,300円
※前売券は7月13日(金)まで石市立文化博物館などで販売

トークショー

造形師・若狭新一氏 トークショー
開幕2日目となる日曜日、“怪獣の匠”こと若狭新一さんが来場。佐賀展でも大好評だった「ギャラリートーク」を開催いたします。造形当時のエピソードなど貴重なお話を聴く、またとないチャンスです。
【日程】7月15日(日)11:00〜/14:00〜
【定員】各回30名(当日自由参加)
【参加費】無料 ※高校生以上の方のご参加には、当日の観覧券が必要です

映画監督・大森一樹氏 トークショー
大森一樹さんは、映画監督、大阪芸術大学 芸術学部 映像学科 教授・学科長。講演テーマは「1990年代のゴジラ」。盟友・川北紘一特技監督との思い出や平成ゴジラシリーズの撮影秘話が飛び出す?かも!
【日程】8月12日(日)13:30〜15:00
【定員】80名程度(事前申込制/応募者多数の場合は抽選)
【参加費】無料 ※高校生以上の方のご参加には、当日の観覧券が必要です
【応募方法】往復はがきに「(1)イベント名、(2)参加者全員の氏名、(3)代表者の郵便番号(4)住所(5)電話番号、(6)参加人数」をご記入の上、下記まで。2018年7月31日必着。
【お申込先】〒673-0846 明石市上ノ丸2-13-1 明石市立文化博物館
※往復はがき以外でのお申込は受け付けできません。抽選の場合、当選者の発表は発送をもってかえさせていただきます。当落に関するご質問にはいっさいお答えできませんので、あらかじめご了承ください。

館長および学芸員によるギャラリートーク
【日程】7月21日(土)/7月28日(土)/8月18日(土)/8月25日(土)14:00〜(当日自由参加)
【参加費】無料 ※高校生以上の方のご参加には、当日の観覧券が必要です

◆関連リンク
特撮のDNA – 公式サイト

ビッグブリッジ
ライター:ビッグブリッジ
神戸ジャーナル 編集長