日替わりでお店が登場する『湊川キッチン』がオープン 神戸 湊川の食材を使った料理教室・イベントなども開催

ライター:ビッグブリッジ

湊川公園に隣接するパークタウンビル内の手作り・手仕事が集まるプチ空間「神戸湊川Otonari」に、「湊川公園手しごと市」に出店しているお店が日替わりで営業する『湊川キッチン』がオープンしました。


神戸市兵庫区荒田町1-20-1

日替わりでカフェを営業、湊川の各商店の新鮮な食材を仕入れ料理教室を開催、パンのお店だけを集めた「パンの日」など、企画イベントを開催していく予定だそうです。

「湊川公園手しごと市」とは
毎月第4土曜日、神戸市兵庫区の湊川公園で開催されている手作り市「湊川公園手しごと市」。2012年6月に始まり、まもなく6年目を迎え出展数は150~180店、来場者数は約4,500人が集う神戸で一番元気な手作り市として定着してきました。また、開催場所の「湊川公園」の近隣界隈には、神戸最大の市場・商店街である「湊川市場」があり、約450店もの商店がひしめくこの町の魅力を市の開催と同時にPRし、まちの活性化に向けて取り組んでいます。
2013年からは湊川公園に隣接するパークタウンビルの2階に手作り・手仕事が集まるプチ空間「神戸湊川Otonari」を開設。約670m2の空間に店舗やイベントスペースを集め運営しています。

「湊川キッチン」について
湊川公園手しごと市と今回の主催元であるパークタウン協同組合は、手しごと市で一定の集客を達成した次のステップとして、新たに「神戸湊川Otonari」に『湊川キッチン』を誕生させます。このお店は、様々なお店に日替わりで使っていただける“シェアキッチン”です。

3月スケジュール

◆関連リンク
神戸湊川Otonari – 公式サイト

ビッグブリッジ
ライター:ビッグブリッジ
神戸ジャーナル 編集長