神戸港にできる水族館「átoa(アトア)」の世界観をアートにした『ラッピングバス』が走ってる。神戸市内→淡路方面を運行

神戸港にできる水族館「átoa(アトア)」の世界観をアートで表現した『ラッピングバス』が走ってるみたいです。

神戸港にできる「水族館」の外観が、ほぼ完成形になってきてる。ことし秋、開業予定『神戸ポートミュージアム』

2021.05.20

神戸市内→淡路方面へ走る、高速バス「ハーバーライナー(神姫バス)」1台にラッピングされていて、今年の8月22日から2年間の運行を予定しています。

車体に描かれているのは「átoa(アトア)」内に展示予定の、ハナミノカサゴ・トラフザメなど5種類の魚たち。アートと融合した水族館の世界観が表現されています。

色鮮やかなラッピングで、街を走っていても目に留まりやすいんじゃないでしょうか。



9月からは、átoaのロゴが入った連節バス「Port Loop(ポートループ)」も走るそうです。神戸阪急前の「三宮駅前」↔水族館最寄りのバス停「新港町」を結ぶバスとなってます。

連節バス『Port Loop(ポートループ)』が4月1日から運行するみたい。プレ運行も

2021.03.19

◆関連リンク
神姫バス株式会社 – 公式サイト
KPM 神戸ポートミュージアム – 公式サイト

 
コメントを残す

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。