「新しい生活様式」にあうお買い物『いちばDELIVA』。市場の”美味しい”を手軽に宅配しよう [KOBE Journal PR]

ライター:このみ

皆さん、普段お買い物をされるとき、お店を選ぶとき、どんなことにこだわっていますか?

商品の  価格・質・品揃え 

お店の  サービス 

家からの  アクセス  などでしょうか。

共働きが7割以上と言われている現代で、子育てや両親のお世話をしながら仕事をしているという家庭はもう当たり前になってきてますよね。

そんな時、「買い物」や「料理」といった家事をする時間が限られているのも現状です。日々のくらしの中に良い意味で、少し手抜きができることって大切だと思うんです。

今回ご紹介する いちばDELIVA は、神戸の街に昔っからある小売市場が新しく始めた 宅配サービス です。

市場にある商品を電話やネットで注文が出来て数百円払えば、すべてまとめておうちまで届けてくれるというものです。

 

 \いちばDELIVA/  神戸の市場が行う宅配サービス

配送エリアや営業日時はお店によって異なります。またまとめて注文すると配送料が無料になる場合もあるそうなので要チェックです。

東灘区:KONAN食彩館
【宅配エリア】東灘区全域(一部地域除く)
【宅配曜日】希望日(六甲アイランド地域は金・日曜日)宅配時間:10時~12時/14時~16時
【配送料】250円(1回5000円以上で無料)
【注文方法】WEB or FAX(078-413-3953)

 

中央区:大安亭市場
【宅配エリア】神戸市中央区(旧葺合エリアのみ)
【宅配日】注文後1~2時間
【宅配時間】12時~18時
【配送料】100円~300円
【注文方法】電話:070-1779-4649(宅配専用) or 各店(店舗一覧)に電話してください。

 

兵庫区:マルシン市場
【宅配エリア】
兵庫区、中央区(ポートアイランド除く生田川以西)
【宅配日】注文翌日配送(水曜休み)
【宅配時間】12時~18時
【配送料】500円(1回3000円以上で無料)
【注文方法】電話:080-7038-5191/LINE マルシンいちばWEB

マルシンいちば(ID: @mvb8716n)

 

長田区:グージーサービス
【宅配エリア】神戸市長田区全域
【宅配日】月曜日~金曜日(土曜・日曜・祝日休み)
※ただし、金曜までのご注文に限り、土曜午前の配達を承ります。
【宅配時間】11時~18時
【配送料】300円(1回2000円以上で無料)
【注文方法】WEB電話:078-381-9029/FAX:078-381-9291

きっといいものがあるのは知っている。でもスーパーで買い物をする人が多いのはなぜ?

市場と聞くと長いアーケードの両サイドにズラッとお店があって、それぞれの軒先にたくさんの野菜や魚が並び、お客さんと店員さんが親しげに話している、そんな想像する人が多いのではないでしょうか。

はい、まさにその通り!小売市場のかたちは昔も今も変わりません。

(あ、お店によってpaypayが使えるようになってました。)


大安亭市場にある鶏肉専門店の鳥忠さん。朝、淡路島から仕入れた国産鶏にこだわっています。

小売市場にはまだまだ顔パスの「常連さん」の文化が残っている印象。注文しなくても「あぁいつものやつね」「預かっとくからほかの買い物しておいで」とあったかいんです。久しぶりに近くで見ると素敵でした。

そして実際に足を運んで思ったことは意外と何でもあるなぁということ。最近では市場の中に100円均一やお洒落な花屋さんまであるので一筋通るとほとんど必要なものは揃う印象でした。

とはいえスーパー便利なんだよね。

そう、スーパーも生活には欠かせないものですよね。スーパーなら、自分のペースで買い物が出来て1回の会計でサクッと済ませられる スピード感 だったり、家の近所にあるから行きやすいという アクセスの良さ などもあるのかもしれませんね。

それぞれの良さや活用法があるからこそ、まずは皆さんのお買物事情を知ることから始めましょう。

今回はある2人の女性をこっそりのぞいて…と言いたいところですが、それらしく再現しました!ので、さっそくその様子をレポしていきたいと思います。

一人暮らしのAさん(86歳)


買い物をするAさん。おっと、おばあちゃんだいぶ元気そうやけどまぁいいか。

Aさんは神戸市中央区に暮らしています。56歳になる娘さんご夫婦はおうちから車で30分ほどのところに住んでいます。共働きのため、なかなかしょっちゅう会うことは難しく、現在は自分で買い物へ行くか、2週に一度家族に必要なものを届けてもらうという方法をとっているようです。

Aさん
マスクをして長い距離を歩くのは結構大変。あんまり食欲もわかないから買い物に出るのがそもそも億劫なのよね。娘も忙しいのでいつも申し訳なくて。

確かに、今は特にコロナ禍で出来るだけ外出や人込みは避けたいですし、まとめ買いというのはご高齢の方にとって現実的じゃないですよね。使いきれずに腐らせてしまってもったいないし、何より持ち帰るのが大変!

そして、最近のスーパー。人員カットやコロナ対策の一環でセルフレジの導入が増えています。各売り場にもスタッフがいるわけではないので、高齢の方にとっては不安を感じることが増えているのかもしれません。

若者にとっては便利なこともありますが、コロナ禍で人と人とのつながりが過疎化していく今。家族以外のだれかと接点を持てる「常連さん文化」って特に高齢の方にとっては大切なことなのかもしれません。

子育て中のBさん(30歳)
Bさん
子供連れでの買い物は一苦労です。ご飯のメニューを考えるのも毎日のことなので結構大変だし。たまに宅配ピザに頼っちゃいますが、できるだけ手料理を子供には食べさせたいんです。

\\ 世の中の主婦(夫)のみなさま、ほんとうにお疲れ様です!!! //

平日は仕事、週末にまとめ買いをしてお料理みたいなご家庭も多いと思いますが、なかなか作り置きだけでは1週間乗り越えられないですよね。

疲れて帰って美味しいご飯がすぐ食べられたらと思う気持ちはお母さん・お父さんも同じではないでしょうか。

特に最近は在宅勤務が増えていて、自分だけでなく家族の分まで朝昼夜と3回ご飯を作ることが増えている方も多いはず。準備や片づけも含めると、なんか私一日キッチンにいた気分。と感じているという声もチラホラ聞こえてくるような・・・

世代を問わずお買い物や料理にはさまざまな苦労があるわけですね。

 いちばDELIVA  は「宅配」なので、そもそも行かなくてもいい !時間やアクセスを気にする必要はもうないんです。

毎日の積み重ねだからこそ、質にもこだわりたい

あと、市場は少し高いイメージがある気がします。

でも、毎日の積み重ね だからこそ味や品質に違いがあるなら、こだわりたいですよね。

それぞれのお店に商品のスペシャリストがいて、当日の朝に自分の目利きで選んだ鮮度と質にこだわった商品を仕入れ販売している、これが 市場クオリティ です。

懐かしい雰囲気の八百屋さんで、お洒落なお兄さんが慣れた様子で店員さんと話していました。

三宮で(私が個人的に)よく行くお洒落イタリアンのオーナーさんでした。「あの美味しいお料理の仕入れ、ここでしているんだ!」と驚き。よく見ると家ではどう使っていいかわからないお洒落な食材もたくさん揃っていました。一般の方ももちろんですけど、飲食店やホテルのレストランなどは結構仕入れにこられるそうです。

でも、質ってそんなに違うの?って正直そう思う方もいるかもしれないですよね。言えることは「食べてみんとわからん」ということ。なので私、食べてみました。

兵庫区の湊川公園から山手に6分ほど歩いたところにあるマルシン市場さん。その中にある海産物店 浜田商店 さんでは紅さけが人気だそうです。

地元の常連さんだけでなく、京都や奈良からも紅さけを求めて足を運ぶ方もいるほど、一度ハマるとここの鮭じゃないと満足できない!とおっしゃる方も多いそうです。特に最近は若い方同士の口コミで来る方も増えているらしく、「美味しいって聞いたので来てみました。」と言ってもらえると、とても嬉しいとお話してくださいました。

浜田商店さんで取り扱っている紅さけは、産地や時期にとにかくこだわっています。お客様にしっかり美味しい状態で届けられるように日本一温度の低い仙台の倉庫で保管していると聞いてびっくりしました。

浜田さん
産地や時期にとにかくこだわった紅さけだからこそお客さんに届くまでのプロセスも大切にしています。お客さんには難しいことは考えず美味しいと思ってもらえたらいい!でも、自分が納得のいく鮭が手に入らなくなったらお店は閉める覚悟でいつも吟味しています。

こちらがその「紅さけ」。「甘塩」と「中辛塩」の2種類があり、「中辛塩」は3日ほど山漬けにします。山漬けとは塩を散布して数日間熟成させる製法だそうです。手間と時間がかかる分、数量には限りがありお伺いした日も売り切れていました。

そしてちょうど同じ時に、ご近所さんが「親戚が来ているからここの紅さけ持って帰らせたくて。」と買いに来られているところに遭遇。

やっぱりここでしか買えないものだと感じる常連さんが多いってことかも。

実際に自宅で食べてびっくりしました。魚焼グリルを洗うのがちょっと面倒に思ってしまってフライパンで焼いて食べましたが、身が柔らかくて味が濃く脂もしっかりのっていました。そして、皮まで臭みがなくて全部食べ尽くしてしまいましたよ。

人の手を少し借りる、それだけで心に余裕ができるかも

少し人の手を借りることで、自立した生活が送ることができる。宅配サービス いちばDELIVA の利用方法はお店によって違いはありますが、基本的に電話かWEB注文です。サービスの細かい紹介については最後にお伝えしますね。

例えば、先ほど「ご家族に買い物をお願いしている」と言っていた86歳でめっちゃ元気そうだったA子さん。電話注文に抵抗がある場合は、家族が仕事の合間にWEBで注文をしてあげれば、あとは市場の方が代わりにおうちまで届けてくれます。

今はあまり外に出歩かず、だからと言って食べる量を減らしたりご飯を抜いてしまうのではなく、人の手が加わった温かいものを食べること。

「withコロナ」のニューノーマルな形ですね。

こちらは中央区の阪急春日野道駅から南西に歩いて10分ほどの所にある「大安亭市場(おおやすていいちば)」。

その中にある 三宅てんぷら店 さんでは野菜や海鮮の天ぷらが約30種類ほど並んでいました。

おすすめは天むす。ふわっと握ったごはんとおだしの味がしみ込んだ海老天がとても美味しかったです。

どんなお客さんがよく来られますか?とお伺いしたところ、「料理の苦手な学生さんや、主婦の方も多いです。」とのこと。

このみ
暑い時期は特に揚げ物をしたくないという方が多いので、家ではそうめんやお蕎麦だけ湯がいて、天ぷらは買って帰るという方も多いそうです。なるほどな活用法でした。三宅さんが主婦のみなさんに代わって熱々の揚げ物をされているわけですね。


暑さに負けず笑顔で頑張るかっこいい三宅さん

全部市場で揃えようとすると続かないと思われるかもしれませんが、おうちにあるものに少し加えるくらいの感覚で。

おうち時間を美味しく楽しく


野菜をメインに取り扱うフレッシュストアの福田さん

市場ではお店の人と会話をしながら商品を選べるのも魅力ですよね。旬の食材や美味しい料理の仕方、またよい品物の見分け方などプロがいるからいろんなことが聞ける。

なかなか今は対面で買い物というのが難しいかもしれませんので、宅配サービス いちばDELIVA を活用しつつ、市場にも足を運んで会話しながらお買い物をすればいい商品に出会えるかも。

マルシン市場にある鮮魚店の 神亀(しんかめ)さん。

小売市場では新しい取り組みとして、テイクアウト形式のメニューが増えています。神亀さんもそのひとつ。


神亀さんが提供されている手巻き寿司用のお刺身セット

なかなかスーパーでは見られない太刀魚のお刺身とかも入ってました。市場ならではって感じですね。

マルシン市場さんに行けば手巻き用にカットされた寿司ネタセットや、オードブル盛り合わせなどが事前注文で簡単に手に入ります。  

お母さんの息抜き時間を作るために、また外食は自粛しているのでおうちに友達を呼ぼうという機会も増えているので、そんな時にも活用できるかもしれません。「あ、ついでにお花屋さんからお花も届けてもらっていい?」みたいなこともできるのが いちばDELIVA の魅力のひとつですね。

※市場によってお店のラインナップは変わってきますのでご注意ください。

 

 \いちばDELIVA/  神戸の市場が行う宅配サービス

配送エリアや営業日時はお店によって異なります。またまとめて注文すると配送料が無料になる場合もあるそうなので要チェックです。

 

東灘区:KONAN食彩館
【宅配エリア】東灘区全域(一部地域除く)
【宅配曜日】希望日(六甲アイランド地域は金・日曜日)宅配時間:10時~12時/14時~16時
【配送料】250円(1回5000円以上で無料)
【注文方法】WEB or FAX(078-413-3953)

 

中央区:大安亭市場
【宅配エリア】神戸市中央区(旧葺合エリアのみ)
【宅配日】注文後1~2時間
【宅配時間】10時~18時
【配送料】100円~300円
【注文方法】電話:070-1779-4649(宅配専用) or 各店(店舗一覧)に電話してください。

 

兵庫区:マルシン市場
【宅配エリア】
兵庫区、中央区(ポートアイランド除く生田川以西)
【宅配日】注文翌日配送(水曜休み)
【宅配時間】12時~18時
【配送料】500円(1回3000円以上で無料)
【注文方法】電話:080-7038-5191/LINE マルシンいちばWEB

マルシンいちば(ID: @mvb8716n)

 

長田区:グージーサービス
【宅配エリア】神戸市長田区全域
【宅配日】月曜日~金曜日(土曜・日曜・祝日休み)
※ただし、金曜までのご注文に限り、土曜午前の配達を承ります。
【宅配時間】11時~18時
【配送料】300円(1回2000円以上で無料)
【注文方法】WEB電話:078-381-9029/FAX:078-381-9291


マルシン市場内にある「かね竹」さん。この重たいおっきな鍋いっぱいに鯖の煮付けを作ります。仕込みは朝5時から。

ちょっと地域の人の手を借りることで、生活が便利になったり、手軽に美味しいものが食べられたりする。

仕事や育児を頑張る働く世代・子育て世代のみなさんが、ちょっと楽して、美味しい食事で1日を幸せに締めくくれるように、宅配を利用して美味しい習慣を生活に取り入れてみてはいかがでしょうか?

◆関連リンク
KOBEいちばDELIVA – 公式サイト

このみ
ライター:このみ
花や夕焼け空を眺める時間が好きです。
コメントを残す

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。