日本唯一のスポーツをテーマにした映画祭『神戸スポーツ映画祭』1/26 北野工房のまち

ライター:カズマ

日本で唯一のスポーツをテーマにした映画作品コンペが神戸で行われます。

神戸スポーツ映画祭

2019年1月26日(土)開場13:30 開演14:00(17:00終了予定)
北野工房のまち 3F 講堂


神戸市中央区中山手通3-17-1

自転車・ボクシング・パルクールなど、今年で3回目となる日本で唯一の「スポーツ映画」に特化した自主制作作品コンペが開催されます。 多文化共生をテーマにしたサッカー映画も神戸初上映で入場は無料です。

北野工房のまち各店舗で購入したテイクアウトメニューは持ち込みが可能となっています。

神戸は「日本の映画発祥の地」と言われておりまして、スポーツではサッカー・ゴルフ・マラソン・ボクシングなどが「日本の発祥の地」とされています。2016年2月に「神戸スポーツ映画祭」が初開催されて以来、2年目の2017年からは、日本で唯一のスポーツ映画の作品コンペも開催されています。

3回目となる今年は、自主制作作品コンペティションのグランプリ決定戦。2次審査までの得点と当日来場者による投票を加算してグランプリ作品を決定します。多文化共生をテーマにした「サンゴーヨン☆サッカー」も神戸初上映。9月に上映したラグビー映画「グラス☆ホッパー」のスピンオフ作品でもあり、こちらも注目の作品となっています。

MC
中野耕史さん(Kiss FM KOBE サウンドクルー)

上映作品(自主制作作品コンペティション 優秀作品)
【映画部門】インドネシアで200キロ自転車をこいだ理由/あの日の伝言
【短編映像部門】URBAN UNION/幕が下りたら
劇場公開作品「サンゴーヨン☆サッカー」上映

参加方法
入場無料ですが、席数および資料の準備のため、以下のURLからの事前エントリー制です。
事前エントリー
※事前エントリーしていただいた方を対象に抽選でプレゼントをお渡しいたします

◆関連リンク
神戸スポーツ映画祭 – 公式サイト

カズマ
ライター:カズマ
神戸ジャーナル 編集長