神戸のライブハウス・ホールなどを支援する『KOBEアート緊急支援事業』第2弾「追加募集」は1月20日まで。申請上限は1施設あたり3件まで

ライター:ふうか

ライブハウス・ホールなど、神戸市内の民間文化施設を、1事業あたり50万円の補助金で支援する『KOBEアート緊急支援事業(舞台芸術施設支援)』が、「追加募集」を実施しています。

受付期間は2022年1月20日(木)まで。2022年1月26日~3月31日の間に実施する事業が対象となっています。

神戸のライブハウス・ホールなどを支援する『KOBEアート緊急支援事業』第2弾の受付期間は11月30日まで。1事業あたり50万円を補助

2021.11.08

今回の募集は、11月に実施されていた同事業の「追加募集」。第2弾では申請27件のうち、25件が採択されているそうです。



受付期間
2022年1月20日(木)※先着順ではありません
(2022年1月26日から3月31日の間に実施する事業が対象)

応募できる人(申請者)
(1)以下の①~②の要件をすべて満たす神戸市内の施設(公の施設を除く)
※複数施設による共同事業も可とします(詳細は応募要領に記載)
①文化芸術の振興を目的とし、実演により表現される音楽/舞踊/演劇/伝統芸能/演芸などの公演を企画・実施し、これを一般公衆に鑑賞させることを目的とする施設であること。(例:劇場/音楽堂/ホール/ライブハウス/演芸場/能楽堂など)
②主催・共催などの公演を実施している施設(いわゆる「貸館のみ」の施設でないこと)
(2) (1)の要件を満たす施設が構成員となっている実行委員会など

対象となる事業
以下の要件を満たすもの(詳細は応募要領に記載)
(1)遠のいた客足を取り戻すために、今回新たに企画された実演芸術であること
(2)プロのアーティストを起用した、原則有料の実演芸術公演であること(オンライン配信のみの実施は不可)
(3)事業の従事人員が延べ10人以上かつ、補助対象経費総額が50万円以上であること
(4)新型コロナウイルス感染拡大防止の兵庫県対処方針や各業界のガイドラインを遵守して行われること

補助金額
応募要件を満たす事業者に対して「1事業あたり50万円」を補助します。ただし、複数施設との共同申請などの場合、「(申請要件を満たす施設数)×50万円」を補助します。
※応募多数の場合、より多くの施設を支援するため、補助決定額を減額する場合や採択件数を調整する場合があります

応募方法
申請書などを電子メールにて提出(応募要領・申請書などはこちらから)※郵送受付けなし
【提出先】メールアドレス:kobe-butai@office.city.kobe.lg.jp
【受付期間】2022年1月20日(木)23:59まで

申請件数(上限)
単独・共同での事業に関わらず、申請できる件数は「第2弾全体(追加募集含む)」で「1施設あたり3件まで」です。第2弾(2021年10月26日~11月30日)で採択された件数が「2件以下」の場合は、残りの件数を申請できます。
※応募多数の場合は補助決定額を減額する場合や採択件数を調整する場合があります

そのほか、詳細はこちらから確認してみてください。

 
ふうか
ライター:ふうか
基本どこへ行くのも徒歩で移動します。
コメントを残す

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。