大丸神戸店で「進撃の巨人」の原画展『進撃の巨人展FINAL ver.神戸』7/22~8/9 オリジナルグッズ販売も

ライター:カズマ


(C)諫山創・講談社/進撃の巨人展FINAL製作委員会

大丸神戸店で、漫画「進撃の巨人」の原画展が開催されます。他会場ではなかった新原画の展示もあり、また、オリジナルグッズも多数販売するそうです。

進撃の巨人展FINAL ver.神戸

2020年7月22日(水)~8月9日(日)10:00~19:00
大丸神戸店 9階大丸ミュージアム


神戸市中央区明石町40

本展では、諫山創先生が描いた原作「進撃の巨人」の死闘の数々を原画で楽しめるほか、様々な角度や視点から、物語の歴史や世界観が体感できます。

併設するグッズショップ「リーブス商会コウベ出張所」では、「進撃の巨人展FINAL」オリジナルグッズを多数販売。東京、大阪では見られなかった新原画など、神戸verならではの魅力があるそう。


(C)諫山創・講談社/進撃の巨人展FINAL製作委員会

7月20日からイベント終了まで、大丸神戸店の北側外壁には、懸垂幕「壁の中の巨人」が出現するそうです。外壁のビジュアルに寄せてありそうなので、それっぽく見えるはず。

公式グッズショップ「リーブス商会コウベ出張所」より 公式グッズのご紹介

グッズ販売では、キャラクターたちの姿を描いた日用品・紅茶などの「限定グッズ」が100種類以上ラインナップ。


(C)諫山創・講談社/進撃の巨人展FINAL製作委員会
8連ポストカードセット/原作キャラクターアート 990円(税込)

緊迫した作中のシーンを切り取った「ポストカードセット」。ファンの人は様々な場面が思い浮かぶんじゃないでしょうか。


(C)諫山創・講談社/進撃の巨人展FINAL製作委員会
タペストリー 別冊マガジン 2018年5月号表紙 3300円(税込)

原作が掲載されている漫画雑誌「別冊マガジン」の過去の表紙が、部屋に飾れる「タペストリー」に。


(C)諫山創・講談社/進撃の巨人展FINAL製作委員会
クリアファイルホルダー付き 28枚セット 11000円(税込)

こちらは、クリアファイルを収納できるホルダー付き。漫画の原作者である「諫山創氏」のサインのようなものも。

新原画情報

今回初公開の新原画も登場します。



(C)諫山創・講談社/進撃の巨人展FINAL製作委員会

漫画31巻に収録された123話からの3ページ分を含む、約90点の原画が並ぶそうです。いよいよクライマックスへと向かう、物語の歴史や世界観を存分にお楽しみください。


期間
2020年7月22日(水)~8月9日(日)

入場時間
10:00~19:00(20:00 閉場)※最終日は17:00まで(18:00 閉場) 

入場料
一般・大学生 税込1200円/中高生 税込1000円 /4歳〜小学生 税込600円/3歳以下無料
※大丸・松坂屋のクレジットカード、大丸・松坂屋アプリ会員のサファイアランク、大丸松坂屋友の会カード、ブライダル会員証を持っている人は優待料金で入場できます。
※小学生以下は必ず保護者同伴で入場してください。
※混雑状況により整理券での対応となる場合があります。また各種入場券や優待券を持っている場合でも、時間帯により入場できない
場合があります。

新型コロナウイルス対策として、マスクの着用・アルコール消毒などを呼び掛けています。混雑を適正に保つために、入場制限を行う場合も。

グッズ販売を楽しんだり、なかなか見られない原画を眺めたり。様々な角度から物語の世界観を体験できるイベントになっていますので、ファンの人はぜひ。

◆関連リンク
進撃の巨人展FINAL – 公式サイト
大丸神戸店 – 公式サイト

カズマ
ライター:カズマ
神戸ジャーナル 編集長
コメントを残す

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。