メリケンパークに「平尾誠二パーク」ができるみたい。ラグビーW杯期間中の8日間

ライター:カオル

ことし9月20日に開幕する「ラグビーワルドカップ2019」。神戸で試合がある期間中に、メリケンパークに「平尾誠二パーク」ができるみたいです。だいたい南東部分、「神戸海援隊」のモニュメントがあるあたり。


神戸市中央区波止場町2

神戸でも、4試合が行われる「ラグビーワールドカップ」。

大会期間中、試合が行われる都市では、国内外から訪れるファンが交流するための「ファンゾーン」というのが設けられます。

神戸では、その一角に、2016年に亡くなった元日本代表監督の平尾誠二さんの功績を伝える「平尾誠二パーク」ができるみたいです。

「ファンゾーン」は、メリケンパーク南東部分の、芝生ゾーンから「神戸海援隊」のモニュメントのあるあたりに計画されてるそうです。

「BE KOBE」から「神戸みなと温泉 蓮」が見える方へ行ったあたり。

メリケンパークにできた文字のモニュメント『BE KOBE』新たな観光スポットになってる。

2017.04.17

南東部分からメリケンパーク全体を見ると、こんな感じ。神戸のランドマークがばっちり見わたせる場所。左の5つ並んだやつが「神戸海援隊」のモニュメントです。

「神戸製鋼」で「日本選手権7連覇」という黄金期を築いた「ミスターラグビー」平尾誠二さん。

「平尾誠二パーク」では、平尾さんの歩んできた道のりや功績を「映像」や「展示」で振り返ることができるそうです。

設置期間は、神戸で試合が行われる日と、その間の土日を合わせた8日間(おそらく9月26日・28日~30日、10月3日・5日・6日・8日)。

「ファンゾーン」では、他にも、設置期間中に行われる全試合が見れるパブリックビューイングや、イベント、飲食ブースなども出るようですし、「ラグビーワールドカップ」の楽しみが、またひとつ増えると思いますよ。

◆関連リンク
ラグビーワールドカップ2019日本大会 – 公式サイト

カオル
ライター:カオル
とりあえず「食パン」を買う人です。