長~い連節バス Port Loop(ポートループ)で神戸のみなとめぐり  Feel KOBE

ライター:ゲストオーサー

神戸の港エリアを中心に巡る連節バス「Port Loop(ポートループ)」は、全長18メートルの長い車体と、港町神戸をイメージした深い青色が特徴です。

神戸の街並みを走る様子は、まるで海をゆったり泳ぐクジラのよう。

いつものバスとはちょっと違う、ポートループの乗車体験をご紹介します。

お得なお知らせ

「ぐるり旅KOBEキャンペーン」実施中

2022年5月14日(土)~10月31日(月)の期間、ポートループ・シティーループ・神姫バスの路線バスに1日乗り放題となる乗車券「Kobe 1-day loop bus ticket」(通常価格700円)を、半額の350円で販売いたします。
詳しくはこちら:https://www.feel-kobe.jp/news/13826/
※予定販売枚数に達した時点で販売終了

【取材・文】平あかり
大阪北摂在住。ライター&ベビーシッター&料理代行のパラレルワーカー。「心にあかりをともすライティング」をモットーにライター活動をしています。好奇心旺盛ではじめての場所や人に会うのが好きです。食、子育て、取材、インタビュー記事を中心に執筆しています。

ポートループの運行エリア

ポートループは新神戸駅前や三宮駅前から出発します。

停留所は全部で13。どこの停留所から乗車しても約70分で1周まわって、戻ってきます。(一部例外あり)

ポートループは通常の路線バス2台が連結したバスだからか、いつも乗るバスよりも重厚感がありゆったり走っているようにも感じます。車窓から神戸の風景を楽しむのもおすすめです。

乗車したときはお子さんがBOX席に座っていて、バスが交差点を曲がるとき大きくうねる蛇腹部分の車体を見て「すごいねー」と両手を叩いて大喜びする姿が微笑ましかったです。

神姫バス公式HPより引用

三宮駅前から出発

ポートループ三宮駅前の停留所は阪急百貨店神戸店の北側(山側)です。三宮交差点東側すぐの歩道橋下にポートループの停留所があります。

ポートループは平日は8:50、土日祝日は8:55が始発で最終の21時台まで約20分毎に運行しています。

運賃は大人210円、小児(小学生以下)110円で、大人1名につき幼児2人まで無料。

土日祝日は「エコファミリー制度」で大人1名につき小学生2名まで無料となっています。家族でのお出かけに嬉しい割引制度ですね。全国の交通ICカードも使えます。

2回以上乗車のときは、ポートループ一日乗車券がお得。一日乗車券の購入はスマートホンのアプリPassRu(パスルー)で購入可能です。事前にインストールしておくと便利でしょう。

乗車は後ろのふたつの扉から

ポートループには3つの扉があり、どこから乗るか迷う人もいるでしょう。先頭の扉は降車、後ろのふたつが乗車用です。

ノンステップバスで段差がなく、手を伸ばしたところに持ち手が設置されています。お年寄りや子どもでも無理なく乗り降りできる心づかいを感じました。

乗車口は間口が広く、普段バスの利用を控えがちなベビーカーや車椅子利用の方もポートループなら躊躇なく利用が可能です。ポートループの行き先表示の横にはベビーカーと車椅子のマークも表示されているので、安心して利用できますね。

ゆったり広々とした車内

車内は黒と青を基調とした色合いで、港町神戸をイメージさせます。床も進行方向に向かって矢印になるよう模様が組まれてあり、細部までこだわっている印象をうけました。

車内前方にはひとりがけの椅子が並びます。

バス後方にはバスとしては珍しいボックス席が設置されています。まるで特急列車に乗ったようなゆったりとした作りは、グループや家族連れでも楽しめますね。ボックス席にはドリンクホルダーも備えてあり、乗車時間が快適になるような作りになっています。

前方と後方をつなぐ連節部は蛇腹になっています。後方に座ると曲がるときに蛇腹部分が45°〜60°くらいに大きく動く様子が見られるので、交差点など曲がる時は必見です。

車内は大きめな窓から差し込む光で明るく開放的なイメージです。一般的な路線バスよりも車内が広々としていて、速度もポートループの重量感からかゆったりと走っている感じがしました。

新港町で下車し散策

三宮駅前から3つ目の停留所・新港町。停留所のそばにはレンタサイクル「こうべリンクル kobelin(コベリン)」も常設されています。海風を感じながらサイクリングを楽しむのもいいですね。

こうべリンクルHPはこちら 〉

新港町停留所から歩いてすぐのところには、劇場型アクアリウム、ブライダルデスク、フードホールの施設が入る「神戸ポートミュージアム」、天然温泉「神戸みなと温泉 蓮」、「フェリシモ チョコレートミュージアム」などあります。 新港町エリアだけでも1日楽しめるスポットです。

新港町の停留所からはポートタワーが見えます。(現在改修工事中)

港を散策

気になる施設はたくさんありますが、今回は散策をメインに楽しみました。港には船が停泊し、遠くにも船が行き交う様子が見渡せます。汽笛の音も聞こえてきて「港町にきたんだな」と感じずにはいられません。広い空と港の風景、頬に感じる海風は忙しい毎日を忘れる時間となります。

神戸みなと温泉 蓮のある第一突堤の先端からは、神戸港を一望できる開放的な景色が広がっています。右手には工場地帯、左手にはポートアイランドをつなぐ赤い橋が見えます。夜は夜景が綺麗だろうなと想像できる風景。カップルでお散歩にもいいですね。

新港町〜ポートアイランド前〜ハーバーランドの乗車中の見どころ

ポートタワー前の停留所付近に大きくUターンする場所があります。ここでは車内からバスが大きく曲がる体験ができます。大きな車体を自在に操る運転技術に感嘆すること間違いないでしょう。

ハーバーランドでショッピングもグルメも満喫

神戸ハーバーランドには、海を感じながらショッピングやグルメなどを楽しめるお店が約230店舗あります。

またエリア内には、赤レンガの神戸煉瓦倉庫や、海沿いのハーバーウォークなどがあり、港町神戸らしい風景の中、ゆったり散策するのもおすすめです。

ポートループでのんびりウォーターフロントを楽しもう

ポートループは「神戸ポートミュージアム」「神戸ポートタワー」「神戸ハーバーランド」といった、神戸のウォーターフロントの観光エリアを全てまわります。

ひとつずつ停留所を降り、港の風景を楽しんだり、目的の商業施設でショッピングやグルメを楽しんだり、自由気ままに観光を楽しむのにぴったりな乗り物です。ゆったり走るポートループは日常を離れた気持ちになれますよ。

Information

Port Loop(ポートループ)

乗車料金 大人210円、小児110円
※ 大人1名につき同伴する幼児2名まで無料。土日祝および指定日は 「エコファミリー制度」で大人1名につき同伴する小学生以下2名まで無料
・ ポートループ1日乗車券500円(大人・小児同額)
・ Kobe 1-day loop bus ticket 大人700円、小児350円
・ Kobe 2-day loop bus ticket 大人1,000円、小児500円
※ Port Loopに加えCITY LOOPの、2つの循環バスが対象の乗車券
公式サイト https://www.shinkibus.co.jp/bus/portloop/

神戸公式観光サイト Feel KOBE
神戸の観光スポットやイベント情報、コラム記事など「神戸旅がもっと楽しくなるコンテンツ」を発信しています。

 
ゲストオーサー
ライター:ゲストオーサー

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。

1 個のコメントコメントを残す
  • Nana

    Kobe 1-day loop bus ticket(大人700円)は、あと300円足すだけでチョコレートミュージアムの入館料がセットになったチケットが買えるので、行く予定の人はそっちの方がお得!
    https://www.asoview.com/channel/ticket/RePG89dxGR/ticket0000014041

    2022年6月28日12:04 PM 返信する