補修中の『BE KOBE』モニュメントを見てきた。3/13までは、うっすら見える

ライター:カオル

設置してからおよそ2年、メリケンパークの「BE KOBE」モニュメントの補修工事が始まりましたので、見てきました。


神戸市中央区波止場町5-6

工事期間中はシートに覆われているため、記念撮影にはちょっと…という感じになっています。

補修中の「BE KOBE」は、メッシュのシートで囲まれて朝から工事が行われてました。こんな状況になっているとは知らなかったであろう人たちも、パラパラと…。

うっすら姿は確認できるものの、小さな「BE KOBE」の看板で記念撮影をする人も。お寺の補修工事なんかでよく見る、「BE KOBE」の写真プリントの板で囲んだほうが良かったかもしれないですね。

補修のため塗装が削られている「BE KOBE」。

「BE KOBE」モニュメントは、「上に登らないで」と注意が呼びかけられていましたが、「KOBE」の「K」のV字のところに裂け目ができたりしてしまい、補修工事を行うことになったそうです。

「登るために、足をかけたりするのが原因ではないか」(神戸市みなと総局)とのことです。

「鉄板を張り合わせているもので、中は空洞」という作りですので、基本的には登ったりするものではないです。もっと言うと「O」の中にちょこんと座るのもあんまり良くないのかもしれません。

メリケンパークの「BE KOBE」モニュメント。登って撮影が定番化??

2018.06.10

記念撮影を目当てにきたと思われる団体の外国人観光客の人もチラホラ見かけます。

そもそも、設置したあと「定期的にメンテナンスが必要なものとは考えていない」そうですが、テープで補修したりしてましたので、結構、傷んでたんだと思います。

工事日程は、2019年2月18日(月)~3月13日(水)

今回の工事では、見た目が変わらない程度に文字の上部に厚みを持たせるなど、多少補強もするそうですが「上に登れるようになる」というわけではありません。

これまでに、「Kの斜めのところにつかまってぶら下がってみたり、「B」の穴から乗り出してみたりと、上に登らないまでも、重さがかかるポーズはたくさん見かけられました。

「フォトスポット」として設置したわけなので、自由な写真を安心して撮れるように、これからも考える必要がでてくるかもしれませんね。中身を詰めるとか…?

いずれにしても、怪我をする人がでてくるのが一番悲しい訳で。どうしたもんでしょうね。

◆関連リンク
BE KOBE – 公式サイト
BE KOBE – Facebook

カオル
ライター:カオル
とりあえず「食パン」を買う人です。