「20歳代」のコロナ疑いの人に『抗原定性検査キット』を配布するみたい。8月4日(木)受付開始

ライター:カオル

神戸市は、新型コロナの『抗原定性検査キット』を症状のある20代から配布を始め、陽性だった場合は「薬の配布」もするそうです。

感染者急増により「発熱外来・救急外来」がひっ迫しているため、「重症化リスクの低い20歳代」には、オンラインで申し込みを受け付け『抗原定性検査キット』を無料で送付するとのこと。

改めて感染状況を見ておきます。最新の新規感染者は2790人で、7月末から多い日には4000人を超すこともありました。

自宅で療養している人は「2万5623人」。(※入院調整中含む。8月4日時点)

「基礎疾患がなく症状の軽い人」には、医療機関での受診を控えてもらおうという考えです。

検査キットの申し込み受付
8月4日(木)14:00~当面の間

まず20代から開始、しばらくは申込数が「一日4000キット」に達した時点で、当日の受付が終了に。「30歳代」への拡大は「来週前半から」という報道もあります。

対象者
神戸市在住の基礎疾患等がない20歳代で、発熱等の新型コロナウイルス感染症を疑う症状がある方

※以下の症状がある場合は医療機関を受診。
症状
39度以上の発熱が2日以上続く場合
息苦しさ(息が荒くなった、胸の痛みがある、突然ゼーゼーし始めた等)
意識障害がある場合

基礎疾患等
悪性腫瘍、慢性閉塞性肺疾患(COPD)、慢性腎臓病(透析含む)、高血圧、糖尿病、喘息、睡眠時無呼吸症候群、免疫機能低下状態等
肥満(BMI30以上)
妊婦

申請の流れ

①e-KOBE「神戸市オンライン確認センター」から申し込み

サイトの「個人向け手続き」を開き、「新型コロナウイルス抗原検査キット申込」をクリック

1回の申込みで「1人1キット」※実施期間中「1人2回」まで
受付後、「療養に関するリーフレット」と共に郵送されます。

②結果が「陽性判定」であれば「神戸市オンライン確認センター」へ申請

毎日(土日祝含む)9:30~17:00の間に「神戸市オンライン確認センター」が申請者へ連絡。
保健所医師が電話で聞き取りを行い、その後「確定診断」を行い発生届を作成。

③薬が必要な場合は、「登録薬局」に電話で連絡し受け取り(※自己負担は不要

各区の登録薬局

「陽性患者本人以外」、家族などが登録薬局で受け取り。難しい場合は、登録薬局と個別に相談。

④症状が悪化した場合は、「自宅療養フォローアップセンター」へ連絡

各区の自宅療養フォローアップセンター


申し込みから、発送までどのくらいの日数がかかるのか?症状が落ち着いたころに届くといったことも起こりえそうな気もします。

そういった場合も考慮してか、薬代はかかりますが、少し手続きを早める方法も・・・

37.5度以上の発熱があり、早く症状の緩和を希望される方の手順

登録薬局に電話で連絡し、症状に合わせて市販薬を購入(自己負担が必要

②登録薬局で「抗原検査キット」を受け取り(自己負担は不要

③検査を行い、陽性判定であれば「神戸市オンライン確認センター」へ申請

この場合も、おそらく本人ではない人が行った方がいいでしょうから、20代で1人暮らしの人は、まず協力者を探す必要があるかもしれません。

県内では初めてという無料配布、うまく機能していくことを願います。

◆関連リンク
市内での発生状況 – 公式サイト
オンライン確認センター – 公式サイト

 
カオル
ライター:カオル
とりあえず「食パン」を買う人です。
コメントを残す

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。