「サイレント映画」の名作を楽しむ『神戸クラシックコメディ映画祭2021』1/9-11 旧グッゲンハイム邸・神戸映画資料館

ライター:ユカコ

垂水区の「旧グッゲンハイム邸」&長田区の「神戸映画資料館」で、サイレント映画が上映されます。

神戸クラシックコメディ映画祭2021

2021年1月9日(土)〜11日(月)
1月9日 : 旧グッゲンハイム邸/1月10日・11日 : 神戸映画資料館


神戸市長田区腕塚町5-5-1

プログラムごとのテーマに沿って、笑い・奇想・非現実を感じられるような、クラシックコメディー作品を上映。

Aプログラム「迎春!ニッポンの喜劇」では、日本の喜劇王「エノケン」が出演するファンタジー『エノケンのとび助冒険旅行』を楽しめます。

そのほか「キートン」の短編集や、喜劇人・アニメ作家である「チャーリー・バウワーズ」の特集など、個性豊かな喜劇の名作がラインナップ。

サイレント映画を上映する傍で、内容を説明する解説者「活弁」。子どもから大人まで、その「活弁」の世界を楽しみながら学べる、ワークショップも開催されます。

ワークショップの後には、観客の前で成果を発表する時間も。続いて、喜劇王「ロイド」の作品が、活動写真弁士・大森くみこさんのライブ活弁で、無料上映されるそうです。

日時
2021年1月9日(土)〜11日(月)

場所
1月9日 : 旧グッゲンハイム邸/1月10日・11日 : 神戸映画資料館

料金
【演奏付き上映】一般 1400円/会員・学生 1200円/小中学生 1000円 ※招待券の利用不可
【上映のみ】一般 1200円/会員・学生 1000円/小中学生 800円

予約
・神戸映画資料館
メールアドレス : info@kobe-eiga.net/TEL : 078-754-8039
・旧グッゲンハイム邸
メールアドレス : guggenheim2007@gmail.com/TEL : 078-220-3924

サイレント映画で、年始の初笑いはいかがでしょうか。上映作品・スケジュールなど、詳細はこちらからどうぞ。

◆関連リンク
神戸映画資料館 – 公式サイト

 
ユカコ
ライター:ユカコ
気付いたら一人で六甲ケーブルに乗っていました。
コメントを残す

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。