神戸空港に「ミニチュア」のテーマパーク『MINIATURE LIFE × KOBE AIRPORT』ができるみたい

2020年ドバイ万博日本館の展示クリエーターとして参画し、大反響を得たミニチュア写真家・見立て作家の田中達也さん初となる常設ミュージアム「MINIATURE LIFE × KOBE AIRPORT(ミニチュアライフ・神戸エアポート)」が、2022年初秋に「神戸空港」にオープンします。


神戸市中央区神戸空港1

「飛行機にも乗れる、飛行機が見れる、大人も子供も楽しめるテーマパーク」をコンセプトに、空港全体を見渡せる屋上エリア2ヵ所に神戸空港オリジナルのミュージアムが開設されます。

また、屋上芝生エリアには巨大化させた「ブロッコリー」を設置。自分がミニチュアになったような感覚でMINIATURE LIFEの世界を楽しめる空間が出現します。

さらに、ターミナルビル内各所には、神戸空港活性化の趣旨に賛同いただく企業とタイアップした作品が展示されるそうです。

オープンは、2022年9月上旬頃を予定されています。

人気ミニチュア写真家・見立て作家 田中達也さんの常設ミュージアム:屋上2か所の展示室内
神戸や飛行機、空港をイメージした作品が展示されます。

展示①「空港や飛行機を見立てたミニチュアの世界」


展示②「神戸の町並みを見立ての世界で表現した世界」

大型オブジェの展示:屋上芝生エリア
屋上の芝生のエリアに、田中達也さんの代名詞となるミニュチュア作品・ブロッコリーを、人の背丈を超える大型オブジェにして展示。神戸や神戸空港の思い出づくりに、フォトスポットとして使えます。

アートディスプレイ(企業とのタイアップ作品の展示):ターミナルビル内各所
企業とMINIATURE LIFEがタイアップし、その企業のイメージをユーモアたっぷりに表現した作品をターミナルビル内各所に配置します。

田中達也
ミニチュア写真家・見立て作家。
日常にある物を別の物に見立てアート「 MINIATURE CALENDAR」を 2011年からインターネット上で毎日発表し続けている。 展覧会を国内外で開催。 主な仕事に 2017年 NHK連続テレ
ビ小説「ひよっこ」のタイトルバック 、 2020年ドバイ国際博覧会 日本館展示クリエーターとして参画、な
ど。 Instagramのフォロワーは 350万人超える( 2022年 6月現在)。著書に「 MINIATURE LIFE」、「 Small Wonders」、「 MINIATURE TRIP IN JAPAN」、「 MINIATURE LIFE at HOME」 、 絵本 「くみたて」 など。

大型ブロッコリーがかなり気になるコンテンツですね。神戸空港を使わない人もぜひ。

◆関連リンク
神戸空港 – 公式サイト

 
コメントを残す

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。