神戸市がアーティスト・事業者向けに、公的支援の『無料オンライン相談窓口』を開設してる。LINEから予約可能

神戸市が、アーティストや事業者向けに「どんな支援が受けられるのか」を「行政支援獲得サポーター」に無料で相談できる「オンライン相談窓口」を開設しています。

「行政支援獲得サポーター」制度とは、支援内容に詳しい人や申請経験がある人などが、神戸市の副業人材パートナーとなって相談希望者と「オンライン」で相談を行うというもの。

特にコロナ禍で、国や県からは多くの「補助支援メニュー」が創設されましたが、活用方法や「そもそもどんな制度があるのか」が分からないなど、申請に至らない人もいるかもしれません。

神戸市が副業として「補助金」利用のオンライン相談を受ける『行政支援獲得サポーター』を募集してる。7月23日(金)まで

2021.07.09

相談希望者は「神戸市公式LINEアカウント」から、相談時間の予約をすることができるそうです。



対象
市内在住/勤務 or 主に市内で活動しているアーティスト・事業者

時間
1回あたり最大60分

費用
無料(上限3回)

予約から相談までの流れ
神戸市公式LINEアカウントを友だち登録
②メニューボタン「芸術家/事業者 相談の窓口」をタップし、サポーター・面談日時を選択

③オンラインミーティングのURLがLINEで通知(Microsoft Teamsを使用)

予約はサポーターの空き次第となっているので「行政からの補助・支援」について相談したい人は、日時をご確認ください。

コメントを残す

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。