神戸市が副業として「補助金」利用のオンライン相談を受ける『行政支援獲得サポーター』を募集してる。7月23日(金)まで

神戸市が、副業として「補助金」の利用についての「オンライン相談」を受ける『行政支援獲得サポーター』を、7月23日(金)まで募集しています。

現在、アーティストや事業者向けに、国や県などの補助支援メニューが発表されていますが、支援の種類が知られていないことなどから、申請に至らない状況にあるそうです。

そのような現状を受け、神戸市によって新たに創設されたのが「行政支援獲得サポーター」となります。

支援内容に詳しい人や申請経験がある人などに、相談希望者が「オンライン相談」できる仕組みのようです。



求める人材
【文化芸術分野】
(1)資格の有無は問いません
(2)文化芸術分野の事業計画の立案・補助金申請に詳しい人
【産業振興分野】
(1)中小企業診断士・行政書士等の資格を有し、補助金などの申請実績を多く有している人
(2)産業振興分野における支援機関などでの勤務実績があり、窓口相談の経験が豊富な人

募集人数
10名程度(各分野5名程度)

募集期間
2021年7月23日(金)まで ※締め切りは募集業務によって異なります

業務内容
(1)相談希望者とのオンラインMTGによる相談受付
・補助金などの受給希望者の状況把握
・事業計画立案のサポート 
・支援制度の申請書の書き方に関するアドバイス など
(2)神戸市との情報共有など

勤務条件
【勤務場所】原則として登庁を伴わないオンラインでの業務 
【勤務時間】勤務時間の設定はなし
【契約形態】業務委託
【報酬】オンライン相談1件につき5,000円
※詳細は応募サイトをご確認ください

応募方法
株式会社クラウドワークスのサイトから

申請の知識がある人や、支援が必要な人を助けたいという人は、副業として活かしてみてはいかがでしょうか。

 
コメントを残す

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。