新開地駅の西に、おそうざい店『PULLSEASON(プルシーズン)』ができてる。12月16日オープン。キッチンカーから実店舗へ

ライター:カオル

新開地駅から西へ少し行ったところにカフェ『PULLSEASON(プルシーズン)』ができてます。12月16日(木)オープン予定。


神戸市兵庫区水木通4-1-13

『PULLSEASON(プルシーズン)』ができたのは「新開地駅」の西側、歩いて6分ほど。以前は「マルコウ弁当」というお店があった場所。

大開通り沿いで、NTTコミュニケーションズの「電波塔」からもすぐです。

ちなみに、青いカバーで包まれ「巨大仏塔現る!?」などと話題になっているこの電波塔は、塗装工事をしていただけで、もうすぐ通常モードに戻るみたい。

西を向くとこんな感じで、次の交差点には「生田神社兵庫宮」のある「御旅(おたび)公園」があります。

「大開駅」へも徒歩6分ほど。2つの駅のちょうど真ん中くらい。

 

 

『プルシーズン』は、もともと神戸を中心に「キッチンカー」で活動していて、今回が初めての店舗。

「百貨店のような美味しいお惣菜屋さん」がテーマになってるそう。

特製スパイスで味をつけたサクサク「プルチキン」や12時間漬け込みオーブンで焼いた「プルドポーク」などが目玉メニュー。

店内には大きなガラスのショーケースがあって、おかずを自分で選んで、お弁当にしたりできるみたい。

「テイクアウト」がメインとのことですが、「イートインスペース」もあるようです。

オープン予定は12月16日(木)。営業時間などはまだ分からなかったので、気になる方はInstagramなどでチェックしてみて下さい。

◆関連リンク
PULL SEASON – 公式サイト

 
カオル
ライター:カオル
とりあえず「食パン」を買う人です。
コメントを残す

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。