メリケンパークのラグビーW杯「ファンゾーン」に『マーク・パンサー』が来てたみたい

ライター:カズマ

10月5日(土)の夜に開催されていたラグビーワールドカップ2019「日本 対 サモア」戦。その翌日、メリケンパークのファンゾーンに、マーク・パンサーが来てたみたいです。

サモア戦の様子はこちら。

メリケンパークへ、ラグビーW杯「日本 対 サモア」戦の様子を見てきた

2019.10.07

10月6日(日)はニュージーランド 対 ナミビア(13:45~)とフランス 対 トンガ(16:45~)のパブリックビューイングがありました。

昼と夜の2回、ステージでDJをやってglobeの曲を流したそうです。DEPARTURES(ディパーチャーズ)とか流れてたら、世代の人はちょっと興奮するかも。

当時のシングルジャケットがこれ。振り返ると、1996年1月1日発売。もう23年。シングルが売れていた時代なので、ジャケットすら覚えている人も多いかもしれません。

夕方から娘さんも合流し、フランス 対 トンガ戦を観戦しつつ、途中からDJステージを行ったそう。

マーク・パンサーさん泊まっていったのかな?神戸の夜を楽しみましたか?

◆関連リンク
MARC PANTHER|マーク・パンサー – 公式サイト

カズマ
ライター:カズマ
神戸ジャーナル 編集長

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。

2 件のコメントコメントを残す
  • xxx

    マークは神戸市民ですよ?

    2019年10月9日12:05 AM 返信する
    • カズマ

      そうなんですね!知らなかったです。

      2019年10月9日12:43 AM 返信する